1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 元女神が人間のママとして奮闘!『元女神のブログ』がおもしろい

元女神が人間のママとして奮闘!『元女神のブログ』がおもしろい

女神歴200年を経て人間となったいづみが、悩みながらも2歳児の母として奮闘する姿を描く『元女神のブログ』。神々しい過去を持っていても、母親という肩書きに悩む姿は、人間のママたちも共感必至です。育児や家庭について考える主人公を応援しながら、読者自身も前向きになれるエピソードが多数収録された本作。この記事では第1巻のエピソードを抜粋。ちょっと不思議なファンタジー育児漫画、ぜひ読んでみてください。

ⓒ本間実/講談社

ⓒ本間実/講談社

ⓒ本間実/講談社

元「泉の女神」が人間界で母になる

このお話の主人公の藤沢いづみ(ふじさわ いづみ)はただの女性ではありません。200年間、森の泉で「女神」として暮らしていました。あることがきっかけで人間の夫と出会い、人間に転生し、人間界で夫と娘の3人で生活をしています。

華やかな暮らしではありませんが、2歳のイヤイヤ期の娘に振り回されながらも、平和な暮らしに幸せを感じていました。しかし、そんないづみでも、思い悩んでしまうことがありました。

母親としての生活に満足しつつも、娘と夫と出会っていなかった、女神としての自分について考えてしまうのです。200年生きていた過去のほうが、自分らしかったのではと感じてしまうことも。

「女神だった自分」と「子育てをするママとしての自分」の間で葛藤するいづみの思いに、共感する方はいるはず。母になる以前は自由な独身だった自分を思い出す瞬間は、誰にでもあるのかもしれません。

女神と人間の結婚。その出会いのきっかけ

ⓒ本間実/講談社

ⓒ本間実/講談社

ⓒ本間実/講談社

結婚することになったきっかけは、いづみが住んでいた泉に、夫がお礼を言いにきたことでした。

かつて夫の父は、泉にボールペンを落としたことがきっかけで「金と銀のボールペン」を授かります。そして父はそれを換金し、息子(現在の夫)の大学進学費用としたのでした。大学を無事卒業した夫は、女神にお礼を伝えにきたのです。

女神を呼び出すため、夫が泉に投げ入れることにした所持品はなんとスマホ。いづみは、投げ入れられたスマホが故障しないよう、瞬時に保存袋でキャッチ。いづみは、人間のスマホを心配する優しい女神だったのです。

そんな気遣いのあるいづみに夫はひかれ、いづみは誠実な夫にひかれます。このことがきっかけで、やがて2人は結ばれたのです。

女神でも答えは出ない!母親、育児、そして自分とは…

ⓒ本間実/講談社

ⓒ本間実/講談社

元女神のいづみであれば子育てなんて思いのままかと思いきや、育児は悩むことばかり。

義父にもかつての神々しさがなくなったと言われ、娘のイヤイヤ期に悩み、人間のママとなんら変わらない心の葛藤をしながら、毎日を生きていくいづみ。女神が子育てというファンタジーなお話ながら、不思議と共感し、いづみを応援したくなる方は多いはず。

物語には女神だけではなく「元人魚」「元ヴァンパイア」などさまざまな立場の女性が登場します。どんな女性でも、母である自分と母ではない自分のはざまで悩むことがあるもの。そんな心の揺れもていねいに描かれ、読むと元気をもらえるお話です。

「私の過去は何のため?」育児で得るもの、失うもの|元女神のブログ 第1巻#1

関連記事:

「私の過去は何のため?」育児で得るもの、失うもの|元女神のブログ 第1…

女神歴200年、ママ歴2年というファンタジー感溢れる世界観の中に描かれるリ…

書籍『元女神のブログ』第1巻は好評発売中

ⓒ本間実/講談社

人間と結婚した元「泉の女神」は、義理の父から「神々しさがなくなった」と言われ落ち込む。出産を機に退職したヴァンパイアは復職に悩む。元人魚は、人魚モデルとして活躍する友人の成功を素直に喜べない…。

迷いながらも日々を生きるママとパパへ捧げる「大人のおとぎ話」。【元「泉の女神」のブログ(前・後編)】【吸血母さんの1歳児健診】【吸血母さんの保活決意】【元人魚のインスタ】【元人魚の同窓会】を収録。

おすすめ記事

「漫画」「元女神のブログ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧