1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 避難所でペットを受付前に置く理由、考えてみたら納得|台風で避難した話#9

避難所でペットを受付前に置く理由、考えてみたら納得|台風で避難した話#9

台風襲来に備え、自宅の対策を済ませ、避難所を訪れたちくまサラさん一家。 夜間になり、猫のトットが気がかりで様子を見に向かいます。猫の様子や周囲の反応を見て、ちくまサラさんはペットを受付前に置く理由について考えました。この記事では、ブログで活躍中の漫画家・ちくまサラさんが経験した台風に備えた防災・避難のエピソードをご紹介します。『台風で避難した話』第9話をごらんください。

©ちくまサラ

ごはんや水に手を付けてないとはいえ、落ち着いていた猫のトット。ちくまさんが気づいたように、避難所では飼い主以外のさまざまな人の目にペットが触れることになります。必ずしも動物が好きな人ばかりではないと考えると、ペットの居場所は人目に付く場所のほうが安全なのかもしれません。

さて家族は避難所での夜を無事過ごせるのでしょうか。次回に続きます。

準備しておきたい防災特集
『台風で避難した話』

地域の避難所におけるペットの扱い方は、地域ごとにルールが異なります。ご自身が避難する場所ではどのように取り扱えばよいか、災害が起きる前に確認しておくと安心です。

環境省の「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」では、飼い主が普段から災害に備えてしておくべきことについて示しています。ペットを飼っている方はぜひ確認しておきましょう。

環境省「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」

ちくまサラさんのブログ「千曲がり奮闘記」

おすすめ記事

「漫画」「台風」「防災」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事