1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. NICUで1人しゃべり続ける男性、その理由を知って心が温まる話

NICUで1人しゃべり続ける男性、その理由を知って心が温まる話

出産後の赤ちゃんに治療や観察が必要なときに入院するNICU。病院によってはNICUの設置がなく、赤ちゃんが別の病院のNICUに転院して入院することがあります。今回は、産後間もないふくふく*白血病ママ(@fukufuku_diary)さんがNICUで出会ったあるパパに関するエピソード。読むと心がほっこりする漫画『NICUで見かけたとあるパパの話』をご紹介します。

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

NICUで出会ったとある父親

NICUはさまざまな理由から、生まれてすぐに入院となった赤ちゃんがいるところ。2人の子どもを育てているふくふく*白血病ママ(@fukufuku_diary)さんの息子も当時、NICUに入院していました。ふくふく*白血病ママさんはそこで生まれたばかりの息子のお世話をしたり見つめたり、幸せな時間を過ごしていたそう。

そんなある日、隣の保育器の前に、赤ちゃんの父親がやってきます。赤ちゃんへ話しかける父親は、なんと1時間半の間ずっとしゃべりっぱなし。ほかに面会に来ている人はおらず、話し相手は生まれたてのわが子です。

いったいなぜ、1時間半もの長い時間、話しかけ続けているのでしょうか。

動画を撮り、赤ちゃんの実況をしている理由

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

ふくふく*白血病ママ(@fukufuku_diary)さんの言うように、1時間半もの間、ずっとわが子に語りかけることができることはすごいことだと思います。少なくとも、筆者は赤ちゃんに対して1時間半語り続けた経験はありません。

その後、ママは別の病院で入院中ということが判明。不安なママにわが子ががんばる様子をポジティブに伝え続けるため、パパは1時間半もの間しゃべり続け、わが子のがんばりを実況していたのです。

きっとママはこの動画を待ちわびていることでしょう。わが子と離れている間、唯一この動画だけが様子を知らせてくれる存在。パパは一生懸命、ママのために録画を続けたのですね。そんな事情があると知り、ますますパパの思いやりに心が温まりました。

数年後の家族の様子が思い浮かび、ほっこりする作品

©fukufuku_diary

©fukufuku_diary

ママの退院後はにぎやかになるのかと思いきや、普段は静かにママに寄り添うパパだったなんて驚きです。すてきな方ですよね。

ふくふく*白血病ママ(@fukufuku_diary)さんが偶然出会ったパパ・ママのお話しですが、何年も先のこの家族の姿が想像できるような漫画でした。このとき入院している子が大きくなったとき、パパの実況動画を見れば、静かなパパが持っている強い愛情を感じられることでしょう。

ほんの少し離れる時間があった3人家族のはじまり。これからは3人ですてきな思い出を作ってほしいですね。温かく、幸せなお裾分けされた気分になるような、心がほっこりする作品でした。

赤ちゃんに話しかけ続けるパパ。理由がすごかった|NICUで見かけたとあるパパの話#前編

関連記事:

赤ちゃんに話しかけ続けるパパ。理由がすごかった|NICUで見かけたとあるパパ…

さまざまな理由から、生まれてすぐにNICUに入院となる赤ちゃんもいることと…

ふくふく*白血病ママ(@fukufuku_diary)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「NICU」「赤ちゃん」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧