1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 「2万円」から始まった義実家トラブル。家族内での金銭感覚のズレを描いた漫画

「2万円」から始まった義実家トラブル。家族内での金銭感覚のズレを描いた漫画

義実家付き合いに気を遣った経験はありますか。良好な関係を築きたいがゆえに、少々無理なお願いを聞いてしまうことはないでしょうか。それがお金のお願いだとなおのこと悩みますよね。この漫画はある女性(仮名・アイコ)の体験談をもとにしたもの。夫婦関係は良好だったものの義姉からの相談を機に関係性が変化していきます。『義実家からお金の無心をされた話』をダイジェストで紹介します。

©ママリ

©ママリ

©ママリ

©ママリ

「家族は助け合い」お金を簡単に貸す夫

主人公であるアイコは、まもなく出産を控えています。夫のヨシとは比較的円満な家庭を築いていました。

ある日、ヨシの妹マイから「お金を貸してほしい」という連絡が。これからいろいろお金が出ていくこと考えるとお金は貸せないという考えのアイコですが、夫のヨシは「家族は助け合いだから」と主張します。

仕方なくお金を渡すことにしたアイコですが、この判断はその後さらなるトラブルに向かう一因になってしまうのでした。

「妹思い」がエスカレートする様子にあきれる

©ママリ

©ママリ

©ママリ

©ママリ

©ママリ

©ママリ

出産前後は何かとお金が必要。初めての出産だとその後どのくらい出費がかさむのか想像しにくいこともありますね。

妹マイの要求は当初2万円でしたが、1度貸してあげると味をしめたのか「10万円」ものお金を要求しはじめました。読者として「ヨシには断ってほしかった」と思うシーンです。まさか借金してまで、50万円を妹のために用意するなんて。妹思いと言えば聞こえはいいですが、度が過ぎるような気がしてしまいます。

本来は夫はいつでも味方でいてほしいのが妻の思いですが、そんな夫から「家族は助け合い」と説得されると、自分がお金に関してケチなのでは、なんて不安を覚えてしまいそうです。

さらに、出産祝いを勝手に抜き去るはなんて。もはや父親として信頼できるか疑問になってしまうのも無理はありません。

この作品の中盤はとにかく義実家の信じがたい金銭感覚に驚くばかりでした。何度も「ありえない…」とつぶやくようなシーンが…。それと同時に、主人公のアイコや実家の父・母を応援したくなります。

嫁は夫の家を援助する義務がある?義母の言い分にあ然

©ママリ

©ママリ

皆さんは義実家にお金を貸してほしいと言われたらどうしますか?状況によりそれぞれだと思いますが、できれば金銭のやりとりなどない関係性でいたいですよね。

この漫画でアイコの父親を見て「子を守るための知識は大事」と痛感しました。ヨシの母親のように感情的に主張されても、知識があれば冷静になれそう。アイコの父親が頼もしい人でよかったですね。

実家が金銭的に厳しくなったとしても、結婚したら別世帯。身内だからと甘えすぎず、配慮すべきところは配慮するべきではないかなと思いました。

「家族」であるならば、その関係にしがみつくのではなく、むしろ「困ったことがあったら頼ってね」というスタンスでいたいなと感じる作品でした。

「自分ならどうするだろうか」と気になった方は、ぜひ作品を読んで考えてみてくださいね。

「2万円貸して」LINEから始まった義妹の要求|義実家からお金の無心をされた話#1

関連記事:

「2万円貸して」LINEから始まった義妹の要求|義実家からお金の無心をされた話…

この漫画はある女性(仮名・アイコさん)の体験談をもとにしたものです。夫の…

【全話読める】
義実家からお金の無心をされた話
え、うちの子が?不穏な訪問者|お宅のお子さんが車を傷つけました#1

関連記事:

え、うちの子が?不穏な訪問者|お宅のお子さんが車を傷つけました#1

このお話は、ますまゆ ⭐︎育児・エピソード漫画(@masumayu3)さんの友人の体験…

勝手に駐車場を使われ迷惑。犯人は誰か張り込んでみると…!?|非常識な奴と戦った話#1

関連記事:

勝手に駐車場を使われ迷惑。犯人は誰か張り込んでみると…!?|非常識な奴と戦っ…

2人の姉妹を育てているAi(@mayai260)さん。そんなAiさんが、新婚時代にそう…

原案:haru

イラスト:もりもとあい

おすすめ記事

「金銭感覚」「夫婦」「妊娠中」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧