1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 高すぎる示談金、無実を訴えるわが子…隣人トラブルの恐怖を描いた作品

高すぎる示談金、無実を訴えるわが子…隣人トラブルの恐怖を描いた作品

ますまゆ ⭐︎育児・エピソード漫画(@masumayu3)さんの友人の体験に基づいています。主人公の隣人・隣野さんが「お宅のの息子さんに車を傷つけたれた」と主張します。しかし、息子は「何もしていない」と否定したのでした。防犯カメラには決定的な場面は映っていませんでしたが、車には確かに傷が…。改めて息子に「何かあったのなら言ってほしい」と話した主人公。すると息子の口から「わからない」という言葉が。

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

「わからない…」と言う息子

車の傷を見た時には「何もしていない。俺じゃない」と話していた息子。しかし、改めて聞いてみると「わからない…」という返事が。

親であれば自分の子どもの言うことを信じてあげたいという気持ちがまずはあると思いますが、本人がその言葉に自信がないとなると何を信じたらいいのか迷ってしまいますね。

話し合う意思はなく、示談金を要求してきた

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

隣野さんの家へ謝罪へ向かい、もう少し事実確認をさせてほしいと話した主人公と夫。しかし、隣野さんは弁護士を同席させ話し合うつもりはないと言い、示談金を要求してきました。

本当に息子がやったのか証拠もないのに、60万という高額な示談金には驚きますね。

息子を信じたい…

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

©masumayu3

どうにかならないかとさまざまな方面に問い合わせた主人公と夫でしたが、解決策は見つからず証拠もないのに息子が加害者とされることに胸を痛めていました。改めて、息子に本当はどうなのかを聞いた主人公。すると、息子が苦しい胸の内を話してくれました。

また、息子に対して隣野さんが暴言を吐いた事実も判明。どんな理由があれ、子どもへ暴言をぶつけるのは大人として許されないことです。ましてや証拠もないというのに…。主人公の心には怒りがわいてきたことでしょう。

いつ巻き込まれるかわからない、隣人トラブル。悪意のある隣人の対応に恐怖をおぼえつつ、わが身に降りかかったときに家族でどう対処すべきか考えておきたくなる作品です。

え、うちの子が?不穏な訪問者|お宅のお子さんが車を傷つけました#1

関連記事:

え、うちの子が?不穏な訪問者|お宅のお子さんが車を傷つけました#1

このお話は、ますまゆ ⭐︎育児・エピソード漫画(@masumayu3)さんの友人の体験…

【全話読める】
お宅のお子さんが車を傷つけました

ますまゆ ⭐︎育児・エピソード漫画(@masumayu3)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「近隣」「トラブル」「隣人」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧