1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 「女子校に男子がくる」高校生の青春を描いた漫画がエモすぎる

「女子校に男子がくる」高校生の青春を描いた漫画がエモすぎる

学生時代の思い出はその時にしか体験できない特別なものばかりですよね。高校2年生だった、かか丸'22(@maru_maru_kazok)さんは、美術部の部長に選ばれ、展覧会のとりまとめ役をすることに。会議のために自分の通う女子校に男子校の生徒が来ることとなり、それだけでもかなり緊張しているようすです。読んでいると甘酸っぱい気持ちにさせてくれる『絵の具とバレエシューズ』ダイジェストでごらんください。

@maru_maru_kazok

@maru_maru_kazok

@maru_maru_kazok

@maru_maru_kazok

@maru_maru_kazok

@maru_maru_kazok

@maru_maru_kazok

男子と話すだけで緊張する!

高校2年生の時に女子校の美術部部長になった、かか丸'22さん。市内の高校が合同で行う展覧会の会議のため、自分の通う高校に他校の生徒が集まることに。そこには隣の男子校の生徒も来ると聞き、それだけでかなり緊張している様子です。女子校に男子が来るというのは一大事ですよね。それはきっと男子校の生徒たちも同じだったはず。

会議当日、男子校の生徒を見て、大人っぽいと感じたかか丸'22さん。部長だという男子があいさつに来てくれますが、その手にはなぜか一斗缶のかりんとうが。面白い差し入れのチョイスですね。

男子が追いかけて来て、思わず逃げた

@maru_maru_kazok

@maru_maru_kazok

@maru_maru_kazok

@maru_maru_kazok

@maru_maru_kazok

@maru_maru_kazok

@maru_maru_kazok

展覧会が無事に終わり、一緒に開票作業をしていた2人。かか丸'22さんは男子のノリに圧倒され、話すことができず逃げるようにその場を離れます。すると、カンタがかか丸'22さんを追いかけて話しかけてきました。まさかのできごとに緊張で足が震え「すみませんでした。お疲れさまでした!」とだけ話して走って逃げてしまいます。その反応がとても初々しくてかわいらしいですよね。

その夜、かか丸'22さんにカンタから連絡がきます。それを見て飛び起きるかか丸'22さんはドキドキしたことでしょう。連絡を取り合い、初デートをすることになった2人。かか丸'22さんはまた震えているようですが、大丈夫でしょうか。

初デートで縮まる距離

@maru_maru_kazok

@maru_maru_kazok

@maru_maru_kazok

@maru_maru_kazok

@maru_maru_kazok

@maru_maru_kazok

@maru_maru_kazok

初デートで映画を見た2人。予想もしていなかった映画でしたが、楽しい時間を過ごしたようです。お互いが共通して好きなものがわかり、呼び方も変化し、ずいぶんと距離が縮まったように見えますね。帰りの電車の中で、かか丸'22さんはカンタへの気持ちに気付いたようです。

カンタから「明日の放課後会える?」というメールが。読者にまでかか丸'22さんのドキドキが伝わってくるようなシーンです。

甘酸っぱい、高校生の青春時代を思い出したい方におすすめの作品『絵の具とバレエシューズ』。かか丸'22さんの記憶とともに、あの頃の恋愛を懐かしんでみませんか?

高校時代の青春物語。女子校という自由の国に男子が…|絵の具とバレエシューズ#1

関連記事:

高校時代の青春物語。女子校という自由の国に男子が…|絵の具とバレエシューズ…

高校2年生のころ、美術部の部長に抜てきされたかか丸'22(@maru_maru_kazok)…

【全話読める】
絵の具とバレエシューズ
恋人気分で仲良く夫婦でデートしたい!おすすめのデートスポット~東京編~

関連記事:

恋人気分で仲良く夫婦でデートしたい!おすすめのデートスポット~東京編~

結婚してもいつまでも恋人気分でデートできる夫婦って素敵ですよね。子供が…

急募「好きな人と花火をしたくなる衝動の名前」アプリでの出会いを描いた漫画がおもしろい

関連記事:

急募「好きな人と花火をしたくなる衝動の名前」アプリでの出会いを描いた漫画…

社会人1年目、時間を持て余していたはぴ(@tnhphp)さん。友人がマッチング…

かか丸'22(@maru_maru_kazok)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「漫画」「出会い」「恋愛」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧