1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 20代で母が逝去、残された家族がするべきことは山積み|20代、親を看取る

20代で母が逝去、残された家族がするべきことは山積み|20代、親を看取る

母親をみとったキクチ│片耳なんちょー(@kkc_ayn)さん。母親との思い出に浸る暇もなく、早急にやらなければいけないことが待っていました。父親と一緒に進めますが…。『20代、親を看取る』第35話をごらんください。

©kkc_ayn

寝たきりになった母親の介護のため、実家に戻ってきたキクチさん。ときに無理をしてしまったり、今までとは違う母親の姿に苦しんだりすることも。

家族で過ごす最後の時間を大切に過ごしたのち、父親とともに母親を看取りました。大変な介護生活は終わり、今度は葬儀の準備をします。

©kkc_ayn

©kkc_ayn

©kkc_ayn

©kkc_ayn

©kkc_ayn

©kkc_ayn

家族が亡くなった後の手続きや書類の記入は、とてもたくさんあるということがキクチさんの漫画から分かりますよね。期日も短いため、大変そうです。

さらに葬儀の打ち合わせも始まり、時間との闘いに。

【全話読める】
20代、親を看取る

親をみとるということについて考える…

©kkc_ayn

©kkc_ayn

この作品は、キクチさんが20代で母親の介護を経験しみとったあとのことまでを、丁寧に描いています。母親とぶつかったり寄り添い合ったりしながら、何が一番母親のためになるのか、その都度考えて行動するキクチさんや周りの人たちの姿が印象的です。

いずれは親の面倒を見なければいけないと思ってはいても、元気なうちはまだ大丈夫と考えている人もいると思います。しかし、いつ何が起こるか分かりません。

もしキクチさんのように、20代で親をみとることになったら…あなたにその覚悟はあるでしょうか。いざというときのために、親が病気になったり、寝たきりになったりした場合どうしたらいいのか、家族で話す機会を持つようにするといいですね。

『20代、親を看取る』は、病気で寝たきりになった母親の介護を通して、命との向き合い方や、亡くなった後に遺族がすべきことを学べる作品です。

突然やってくる別れ。子どもと「死」について話すとき参考になる漫画

関連記事:

突然やってくる別れ。子どもと「死」について話すとき参考になる漫画

子どもに「死」について伝える機会があったらどんな風に話をするでしょうか…

家族に病気の進行を隠していた母、早すぎる別れなど想像できなかった|天国の母へ#3

関連記事:

家族に病気の進行を隠していた母、早すぎる別れなど想像できなかった|天国の…

この作品はとある女性(仮名:かなこさん)の実体験をもとにしたエッセー漫画…

夫の葬儀の日、突然の別れに涙が止まらず|「当たり前」を失った朝#4

関連記事:

夫の葬儀の日、突然の別れに涙が止まらず|「当たり前」を失った朝#4

ある朝、心不全で亡くなった夫。わが子を失った義母とともに、父親を失った…

キクチ│片耳なんちょー(@kkc_ayn)さんのインスタグラム

「漫画」「家族」「葬儀」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧