1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 「なんでここにいるの!?」担任が娘に激怒!障害のある娘がショックを受けた一部始終

「なんでここにいるの!?」担任が娘に激怒!障害のある娘がショックを受けた一部始終

自閉スペクトラム症があるため、学習上・生活上の困難を克服するために設置された少人数学級(支援級)に通っている、マミヤ(@mamiyang83)さんの娘・しぇーちゃん。通常級に通う子と一緒に学習をする交流級にも通っています。いたずらした子をしかる先生の姿に、恐怖を抱いてしまったしぇーちゃん。「怒られない子になる」と決意し学校へ行きましたが、下校するしぇーちゃんの顔は青ざめていました。帰宅後しぇーちゃんから話を聞いたマミヤさんは、思わず頭を抱えてしまいます。『2年生の担任が叱る時に「1年生にかえりなさい!」と言う方でした』第5話をごらんください。

©mamiyang83

©mamiyang83

©mamiyang83

©mamiyang83

©mamiyang83

©mamiyang83

先生を心配する優しい気持ちから、列を外れて声をかけたしぇーちゃんでしたが、先生には怒られてしまったようです。

予想外のトラブルに、頭が真っ白になるマミヤさん。一度は持ち直したしぇーちゃんの心が、再び折れてしまわないか心配ですが…。

「学校に行きたくない!」担任の怒号に傷つくわが子|2年生の担任が叱る時に「1年生にかえりなさい!」と言う方でした

関連記事:

「学校に行きたくない!」担任の怒号に傷つくわが子|2年生の担任が叱る時に「…

自閉スペクトラム症があるため、学習上・生活上の困難を克服するために設置…

【全話読める】
2年生の担任が叱る時に「1年生にかえりなさい!」と言う方でした

わが子の心を守るために、子どもの気持ちに寄り添ったケアを

©mamiyang83

©mamiyang83

学校生活を送る上で、避けて通れない子ども同士や教員とのすれ違いやトラブル。大人から見ればささいなことでも、子どもにとっては学校に行けなくなるほどつらいことも…。子どもの心に傷を残さないために、親や学校の先生など、周囲の大人の見守りが必要です。

今回、娘・しぇーちゃんが学校でのトラブルにあったマミヤさんは、冷静な視点で話を聞き、しぇーちゃんが通う学級の担任とも話し合いながら見守りました。その結果、トラブルの原因となった友達や先生に悪意はないことがわかり、しぇーちゃんはマミヤさんと話し合い、楽しく学校へ行けるようになりました。

学校でのトラブルはどんな子にもあり得ること。大事なわが子を守るため、マミヤさんのように客観的視点を心がけながらも、わが子に寄り添った対応をしたいですね。

中にはこの漫画のように、うまく解決できないケースもあるかもしれません。学校との話し合いでうまく進展しないときは、各都道府県や政令指定都市に設置されている「総合教育センター」や「特別支援教育センター」で相談するのも一つの手。子どもの気持ちに寄り添い、心から安心して通学できるように支えてあげたいですね。

文部科学省「都道府県・政令指定都市・中核市教育センター等」

出典元:
小1の長女「泣いているときはハグ」担任の優しさに感謝|繊細さん長女が泣きながら学校へ行った日々の話

関連記事:

小1の長女「泣いているときはハグ」担任の優しさに感謝|繊細さん長女が泣きな…

ねこじまいもみ(@neko_jima_imomi)さんの長女は現在小学1年生。入学して2週…

担任の先生に相談。返ってきた頼もしすぎる言葉|場面緘黙の娘と学校のトイレ#2

関連記事:

担任の先生に相談。返ってきた頼もしすぎる言葉|場面緘黙の娘と学校のトイレ#2

場面緘黙症場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)の娘を持つまりまり(@marimari_…

マミヤ(@mamiyang83)さんのインスタグラム

「育児」「小学生」「トラブル」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧