1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 「私の気持ちを無視しないで」娘の言葉にハッと気付かされる|2年生の担任が叱る時に「1年生にかえりなさい!」と言う方でした

「私の気持ちを無視しないで」娘の言葉にハッと気付かされる|2年生の担任が叱る時に「1年生にかえりなさい!」と言う方でした

自閉スペクトラム症があるため、学習上・生活上の困難を克服するために設置された少人数学級(支援級)に通っている、マミヤ(@mamiyang83)さんの娘・しぇーちゃん。通常級に通う子と一緒に学習をする交流級にも通っています。2年生に進級したばかりで、怒った担任の姿に恐怖を覚えたしぇーちゃん。しぇーちゃん本人も怒られてしまいましたが、マミヤさんが連絡帳でやりとりしたことで、担任はしぇーちゃんに謝ってくれたようです。家庭訪問でマミヤさんも担任と直接話すことができ、事態は一段落。しかしホッとしたのもつかの間、スキンシップが多いクラスメイトと新たなトラブルに発展。「やめて」と伝えても執拗に続くちょっかいが原因で、しぇーちゃんは再び担任に怒られてしまいました。担任に相談し、事態は解決へ向かいます。他の子のためにC君を怒ってくれたB先生に感謝するしぇーちゃんでしたが、B先生を怖いと思う気持ちは消えないようです。しぇーちゃんの言葉にハッとさせられたマミヤさん。寄り添っているつもりが、自分の意見を押し付けていただけだったことに気づきます。『2年生の担任が叱る時に「1年生にかえりなさい!」と言う方でした』第19話をごらんください。

©mamiyang83

©mamiyang83

©mamiyang83

©mamiyang83

©mamiyang83

きちんと自分の気持ちを伝えることができるしぇーちゃんと、その言葉を受け止め、自分の非を認めて謝ったマミヤさん。素直な思いを伝え合えるすてきな親子関係ですね。

今後は様子を見ながら、B先生との関わり方を相談していくことになりました。

他人を変えるのは難しい。娘に説いた、苦手な人との関わり方|2年生の担任が叱る時に「1年生にかえりなさい!」と言う方でした

関連記事:

他人を変えるのは難しい。娘に説いた、苦手な人との関わり方|2年生の担任が叱…

自閉スペクトラム症があるため、学習上・生活上の困難を克服するために設置…

【全話読める】
2年生の担任が叱る時に「1年生にかえりなさい!」と言う方でした

わが子の心を守るために、子どもの気持ちに寄り添ったケアを

©mamiyang83

©mamiyang83

学校生活を送る上で、避けて通れない子ども同士や教員とのすれ違いやトラブル。大人から見ればささいなことでも、子どもにとっては学校に行けなくなるほどつらいことも…。子どもの心に傷を残さないために、親や学校の先生など、周囲の大人の見守りが必要です。

今回、娘・しぇーちゃんが学校でのトラブルにあったマミヤさんは、冷静な視点で話を聞き、しぇーちゃんが通う学級の担任とも話し合いながら見守りました。その結果、トラブルの原因となった友達や先生に悪意はないことがわかり、しぇーちゃんはマミヤさんと話し合い、楽しく学校へ行けるようになりました。

学校でのトラブルはどんな子にもあり得ること。大事なわが子を守るため、マミヤさんのように客観的視点を心がけながらも、わが子に寄り添った対応をしたいですね。

中にはこの漫画のように、うまく解決できないケースもあるかもしれません。学校との話し合いでうまく進展しないときは、各都道府県や政令指定都市に設置されている「総合教育センター」や「特別支援教育センター」で相談するのも一つの手。子どもの気持ちに寄り添い、心から安心して通学できるように支えてあげたいですね。

文部科学省「都道府県・政令指定都市・中核市教育センター等」

出典元:
お迎えの時間に担任がいない…子供に関する心配ごとはどう相談する?

関連記事:

お迎えの時間に担任がいない…子供に関する心配ごとはどう相談する?

延長保育を利用しているママの中には、なかなか担任の先生がいる時間に園に…

プレミアム記事
保育園の担任と話しにくい…おすすめの接し方と不安解消の方法を解説

関連記事:

保育園の担任と話しにくい…おすすめの接し方と不安解消の方法を解説

「保育園の担任と話しにくい」など、子どもが通う保育園の担任に対して、苦…

マミヤ(@mamiyang83)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「育児」「小学生」「親子」 についてもっと詳しく知る

話題の記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事