1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. すでに壊れかけていた私の体|夜泣きに泣かされて

すでに壊れかけていた私の体|夜泣きに泣かされて

出産という大仕事を終えたママには、待ったなしで育児が始まります。その生活に楽しめる人もいれば、不安で心細い思いを抱える人もいると思います。また、赤ちゃんのお世話で疲れがたまっていると、ママの体に不調が生じます。ぽぽさんもその1人。息子さんの夜泣きで、ぽぽさんの体調は悪化していくのでした。ぽぽ。(@popo_baby0104)さんが描く育児の実体験を描いたエピソード漫画をごらんください。

©popo_baby0104

保健師さんから誘われ、参加したお母さんのお話会によって、昼寝を確保できなかったぽぽさん。お話会もぽぽさんの気晴らしにはならず、心はどんよりとしたままだったのです。

家事をこなし、息子さんが泣けば、1人であやすぽぽさん。夫は朝が早いため就寝してしまいました。また孤独な夜を過ごすのでした。

©popo_baby0104

©popo_baby0104

©popo_baby0104

©popo_baby0104

©popo_baby0104

©popo_baby0104

©popo_baby0104

©popo_baby0104

©popo_baby0104

気分の浮き沈み、食欲の低下、不眠症と次々に体の不調が出てきてしまったぽぽさん。疲労困ぱいしているのに眠れないのは、本当につらいです。

ぽぽさんの夫にも、これはおかしいと早く気が付いてほしい状況ですね。

睡眠不足から不眠症へ|夜泣きに泣かされて

関連記事:

睡眠不足から不眠症へ|夜泣きに泣かされて

愛おしいはずの我が子との生活は思い描いていたものとは大きく異なっていた…

【全話読める】
夜泣きに泣かされて

産後の心の不調は1人で抱えないで

©popo_baby0104

ぽぽ。さんのように産後、子育ての悩みからうつ状態になったり、心身に異変が出たりする方はいるでしょう。そんなとき、自分の心の声に耳をかたむけられていますか?

つい「私のことは後でいい」「みんな疲れているから言い出しにくい」と思ってしまうかもしれませんが、相談・受診をちゅうちょする必要はありません。親になったからといって無敵になるわけではないのですから、忙しさや疲れで体調を崩すのは当然。そしてそのケアも当たり前に必要なのです。身近につらさを打ち明けられる相手がいるなら、抱え込まずに打ち明けましょう。

ぽぽ。さんのように身近な家族に言いにくいときには、産後の女性のケアをしてくれる自治体や民間の窓口を頼ったり、病院に相談したりする手もあります。厚生労働省は24時間悩み相談を受け付ける相談窓口などを紹介するウェブサイト「まもろうよ こころ」を開設しています。電話のほか、SNSでも相談できる窓口があります。

あなたにとって子どもや家族が大切な存在であるように、子どもや家族にとってもあなたは大切な存在です。自分をねぎらい、ケアすることにちゅうちょせず、自分自身を大切にしてくださいね。本作『夜泣きに泣かされて』はKindle版書籍で読むこともできます。(kindle版を読む方法は、著者・ぽぽ。さんのインスタグラムで紹介されています)

厚生労働省ウェブサイト「まもろうよ こころ」

ぽぽ。 ☞ 繊細っ子×繊細ママのリアル育児(@popo_baby0104)さんのインスタグラム

始まりは喉の違和感とせきだった…2児の母が産後うつと診断されるまで

関連記事:

始まりは喉の違和感とせきだった…2児の母が産後うつと診断されるまで

2人目の産後、喉の違和感とせきに悩まされたぼめそ(@bomesodays)さん。風邪…

臨月は不眠・睡眠不足になりやすい?考えられる理由まとめ

関連記事:

臨月は不眠・睡眠不足になりやすい?考えられる理由まとめ

臨月を迎えたママは長かったようで短くも感じるマタニティライフを思い返す…

おすすめ記事

「夜泣き」「ママ」「漫画」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧