1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 猫のいる義母宅とは距離をおくことに。ついに出産へ|義母の飼い猫にわが子が傷つけられた話

猫のいる義母宅とは距離をおくことに。ついに出産へ|義母の飼い猫にわが子が傷つけられた話

この漫画は、作者・うさぽ(@usapo_nikki)さんの子どもが義母の飼い猫に傷つけられ、その後義母との関係に悩み、最終的に距離を置いて暮らすことを決めるお話です。うさぽさんは妊娠中に、義母宅で猫のトイレの砂替えをしました。その後、妊婦と猫に関するネット記事を見つけパニックになります。おなかの赤ちゃんが無事に産まれてくるまで、心配でたまらないうさぽさん。夫や産婦人科の先生に支えながら出産当日を迎えました。『義母の飼い猫にわが子が傷つけられた話』第46話をごらんください。

©usapo_nikki

第1話から読みたい方はこちら

©usapo_nikki

©usapo_nikki

©usapo_nikki

©usapo_nikki

©usapo_nikki

©usapo_nikki

©usapo_nikki

©usapo_nikki

©usapo_nikki

©usapo_nikki

うさぽさんは、おなかの赤ちゃんの健康が心配でたまりません。夫や産婦人科の先生は、そんな彼女の気持ちに寄り添い支えてくれています。

義母との関係にも悩みますが、出産までは自分の体とおなかの赤ちゃんのことを一番に考え生活しました。

妻と息子に緊張が走る!赤ちゃんを連れて義母宅を訪問|義母の飼い猫にわが子が傷つけられた話

関連記事:

妻と息子に緊張が走る!赤ちゃんを連れて義母宅を訪問|義母の飼い猫にわが子…

この漫画は、作者・うさぽ(@usapo_nikki)さんの子どもが義母の飼い猫に傷つ…

ペットをめぐる家族間での問題を描く作品

©usapo-nikki

©usapo-nikki

©usapo-nikki

この漫画は、ペットをめぐる考え方の違いから家族間のトラブルに発展するお話です。うさぽさんの義母は、夫を亡くした後、知人から子猫を引き取りました。猫は、うさぽさんにはなつくのですが、幼い長男に対し、明らかに威嚇します。

しかも義母は、猫を家と外を自由に行き来できるように放し飼いし、衛生管理に無頓着です。うさぽさんの夫から「猫を放し飼いにすると外から菌を持ってくるかもしれないのでやめてほしい」とお願いしましたが、義母は聞く耳を持ちませんでした。

義母は、猫が子どもをひっかいても「子どもが猫の嫌がることをしたから」と深刻に受け止めず、そばを離れずに見守るなど、孫を守るための対策をすることがありません。うさぽさん一家は、愛猫の行動を見守らない義母に対して不安を抱えます。

うさぽさんは義母との距離感に悩みますが、子どもたちの安全を守るために距離をとりながら生活することに。飼われている猫自身には責任はなく、適切に管理すれば飼い主や周囲の家族と好ましい関係を築くことができます。周囲に迷惑や心配をかけないようにペットを管理するのも飼い主の責任ですね。

【全話読める】
義母の飼い猫にわが子が傷つけられた話

うさぽさんのブログ『うさぽのうぽうぽ日記』

SNSに義母の愚痴を書いた翌日、ゾッとする事態に|義母に裏アカバレたかも#1

関連記事:

SNSに義母の愚痴を書いた翌日、ゾッとする事態に|義母に裏アカバレたかも#1

結婚3年目、1歳児を育てる主人公は、姑へのイライラをSNSの愚痴用アカウント…

予感的中!夕飯に困ったときのインターホンに胸が高鳴る|大事な距離感#1

関連記事:

予感的中!夕飯に困ったときのインターホンに胸が高鳴る|大事な距離感#1

「晩ご飯何作ればいいの?」と頭を悩ませていたgacha(@gacha_no_gacha)さん…

「漫画」「ペット」「動物」 についてもっと詳しく知る

話題の記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事