1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 「楽しさはウソじゃない」モヤついても一緒に過ごしたい友達|友達だと思っているのは自分だけかもしれない

「楽しさはウソじゃない」モヤついても一緒に過ごしたい友達|友達だと思っているのは自分だけかもしれない

これは、作者・ゆいな(@yuina.kajima)さんが大学生のときのお話。オリエンテーションをきっかけに行動を共にするようになった美姫・華との付き合い方に悩み、友だちとは何か改めて考えるさまを描いています。大学1年の後期ごろから、徐々に授業をサボりだす美姫と華。ゆいなさん頼りの2人にモヤモヤしながら2年生に上がりますが…。『友達だと思っているのは自分だけかもしれない』第15話をごらんください。

©yuina.kajima

第1話から読みたい方はこちら

©yuina.kajima

©yuina.kajima

©yuina.kajima

©yuina.kajima

©yuina.kajima

©yuina.kajima

©yuina.kajima

©yuina.kajima

©yuina.kajima

ゆいなさん自身、ひとりになりたくないという理由があって美姫と華と一緒にいることを自覚していました。そのため、一方的に2人のことを悪くは思えないというのが心情のようです。

そもそも2人のことが嫌いなわけではないので、やはり一緒にいたいのは変わらないゆいなさん。理解ある友人に話を聞いてもらったからこそ、自分の気持ちを再認識できて、よかったですよね。いまだ消えぬモヤモヤともうまく付き合っていくことが大切です。

「おなか痛い」席を立った友人の行き先を知って愕然…|友達だと思っているのは自分だけかもしれない

関連記事:

「おなか痛い」席を立った友人の行き先を知って愕然…|友達だと思っているのは…

これは、作者・ゆいな(@yuina.kajima)さんが大学生のときのお話です。オリエ…

【全話読める】
友達だと思っているのは自分だけかもしれない

大切なのは損得ではなく、誰とどう付き合いたいか

©yuina.kajima

©yuina.kajima

©yuina.kajima

大学生になったばかりのゆいなさんは、学部内で1人でいることに危機感を覚えていました。そんなとき、オリエンテーションで高校の同級生・美姫と華に再会。ひとりぼっちを回避できたことに安堵(あんど)します。一緒に過ごす時間は楽しかったものの、徐々に2人はゆいなさんにノートを借りて授業をサボったり、急にランチをすっぽかしたりするように。ゆいなさんはモヤモヤを募らせていきました。

1人は心細いから友達と一緒に居たいと考えていたゆいなさんですが、それまで隠していた本音と向き合い、自分の気持ちに従って行動することにしました。相手との関係が友達といえるのか違和感を覚えたなら、ほどよく距離をとるのも大切かもしれません。

それぞれ価値観が違う人間関係の中で、自分は誰とどう過ごしたいのか。改めて考え直したくなる作品です。

ゆいな*エッセイ漫画(@yuina.kajima)さんのインスタグラムはこちら

大好きな親友たちと送った、苦くてつらい中学生活『思い出小話』♯1

関連記事:

大好きな親友たちと送った、苦くてつらい中学生活『思い出小話』♯1

この漫画の主人公でもあり、作者の芸子(@geiko_tumu)さんには2人の親友がい…

仲良し3人組だったはずなのに…突然仲間外れにされ孤立した|ある日、急にハブられた#1、2

関連記事:

仲良し3人組だったはずなのに…突然仲間外れにされ孤立した|ある日、急にハブ…

学校に通っているころ、友だち関係のトラブルで悩んだ人もいるのではないで…

「漫画」「大学」「友達」 についてもっと詳しく知る

話題の記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事