1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 「子どもがいたらお互い様」父親はお金を受け取らず|小1の大けが

「子どもがいたらお互い様」父親はお金を受け取らず|小1の大けが

このお話は、ワンタケ/スーパーアホバイザー/バカ漫画の人(@wantakeosirase)さんが、小学1年生のときに大けがを負ったエピソードから始まります。夏休みに母親の出産のため親戚の家にいたワンタケさん。ある日、近所の男の子が投げた石が顔に直撃し、血だらけになってしまいます。母親に連れられ急いで病院で診てもらうと、奇跡的に絆創膏だけで済み…。『小1の大けが』第5話をごらんください。

©wantakeosirase

第1話から読みたい方はこちら

©wantakeosirase

©wantakeosirase

©wantakeosirase

©wantakeosirase

ワンタケさんが帰宅すると、石を当ててしまった男の子の親が謝罪に来ていました。治療費を渡そうとしているのをワンタケさんの父親が「お互い様だから」と断っています。

確かに、今回ワンタケさんは被害に遭いましたが、逆のことも起こりうることですよね。子ども同士で遊んでいれば多少のけがはつきものです。絆創膏だけで済んだけがだったため丸く収まったようですが、親はどの立場にもなりうるということを、いつでも覚悟しておかなければなりませんね。

「すぐ迎えに」息子が通う学童からの電話に嫌な予感|小1の大けが

関連記事:

「すぐ迎えに」息子が通う学童からの電話に嫌な予感|小1の大けが

このお話は、ワンタケ/スーパーアホバイザー/バカ漫画の人(@wantakeosirase)…

【全話読める】
小1の大けが

親なら誰もがヒヤリとする「子どもの大けが」

©wantakeosirase

©wantakeosirase

小学1年生のころに大けがを負ったというワンタケさん。近所の子どもが投げた石が運悪くワンタケさんの顔に直撃してしまったのです。ひどい流血状態で病院へ行くと、あと数ミリずれていれば失明か失血という危険な位置だったといいます。幸い処置は簡単なもので済み、あともほとんど残らなかったといいますが、ワンタケさんの親は肝を冷やしたことでしょう。

時がたち、母親となったワンタケさん。今度は小1の息子がひたいを数針縫う大けがを負いました。今度は自分が肝を冷やしながら待ったワンタケさんでしたが、無事に縫合も済み体調も問題ないとのことで一安心。子どもはいつ、どこで、どんなけがをするか予測がつきません。だからこそ、万が一のときに「どの病院にかかるか」「どの状況なら救急車を呼ぶか」など脳内シミュレーションしておくといいかもしれませんね。

ワンタケ/スーパーアホバイザー/バカ漫画の人(@wantakeosirase)さんのインスタグラム

春は子どもの交通事故が多発する時期!子どもを守るためにママやパパがやるべきこと

関連記事:

春は子どもの交通事故が多発する時期!子どもを守るためにママやパパがやるべ…

入学や入園などで新しい環境に入る子どもが増える春。喜ばしいことが増える…

今まで何事もなかったのが奇跡、ささいなことにも理由がある|ガソスタ従業員が事故を起こした話

関連記事:

今まで何事もなかったのが奇跡、ささいなことにも理由がある|ガソスタ従業員…

この漫画は著者・ちくまサラさんが、ガソリンスタンドでアルバイトをしてい…

「漫画」「小学生」「小1」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事