1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 誘拐未遂に遭った夜、小学生が姉に語った本音「やっぱり…」|あの日わたしは、誘拐されかけた

誘拐未遂に遭った夜、小学生が姉に語った本音「やっぱり…」|あの日わたしは、誘拐されかけた

このお話は、著者・ほや助さんによるエッセー作品です。誘拐に遭いかけた怖い経験談を描いています。防犯カメラがないことや、目撃者がいないことから、犯人の逮捕は難しいかと警察に言われたほや助さんたち。納得のいかない気持ちを抱えつつも、ほや助さんが無事帰ってきた幸せを噛みしめ、お母さんは安堵します。そして事件の発覚を機に、周りにも変化が表れて…。『あの日わたしは、誘拐されかけた』をご覧ください。

Ⓒほや助

はじめから読みたい方はこちら

Ⓒほや助

Ⓒほや助

Ⓒほや助

Ⓒほや助

Ⓒほや助

Ⓒほや助

Ⓒほや助

Ⓒほや助

落ち着くにつれ、誘拐未遂の恐怖を徐々に実感するほや助さん。普段から、何かが起きた時のシミュレーションはしていても、実際の場面ではなかなか生かせないことを身をもって知ることになりました。

温かい家族に包まれ、その日は穏やかに眠りにつくのでした。

防犯メールに絶句「あの不審者だ」一致した特徴と、さらなる恐怖|あの日わたしは、誘拐されかけた

関連記事:

防犯メールに絶句「あの不審者だ」一致した特徴と、さらなる恐怖|あの日わた…

このお話は、著者・ほや助さんによるエッセー作品です。誘拐に遭いかけた怖…

【全話読める】
あの日わたしは、誘拐されかけた

子どもと話しておきたい「誘拐事件に遭わないために」

Ⓒほや助

Ⓒほや助

Ⓒほや助

近年、凶悪事件が後を絶たず、子どもに被害が及んだものも報道されています。遊びに出かけたわが子がなかなか帰って来ないと、「もしかして誘拐?」などと、気が落ち着かなくなりますね。とはいえ、常に親がついていられるわけではありません。そこで、子どもが誘拐や連れ去りについての意識を高められるよう、親子で話しておくことが大切です。

誘拐が発生しやすいのは、子どもが1人でいる時、ひとけのない場所。また、千葉県警察の調査によると、不審者が出没する時間帯は登下校時間帯(14~17時)が約76%を占めているといいます。登下校時間には特に注意が必要です。

まずは1人になるシチュエーションを作らず、複数で行動するよう伝えましょう。そしてもし危険を感じた時には、相手から離れる、防犯ブザーを鳴らす、大声を上げるなど、具体的にどうすればよいかを教えましょう。

いざというときは動揺して思うように動けないこともあります。できれば防犯シミュレーションを行い、必要な行動を体で覚えさせておくと良いでしょう。

出典元:

ほや助さんのブログ「ほや助~1歩進んで2歩下がる~」

不審者が狙うタイミングは、保護者と離れた一瞬の隙でした|子どものころの誘拐未遂#1

関連記事:

不審者が狙うタイミングは、保護者と離れた一瞬の隙でした|子どものころの誘…

日々、日本のどこかで起きているさまざまな事件…。なかには幼い子が巻き込ま…

不審な男性がスイミングの観覧。保護者じゃない?|不審者と遭遇#1

関連記事:

不審な男性がスイミングの観覧。保護者じゃない?|不審者と遭遇#1

皆さんは不審な人物に出くわしたことはありますか。この漫画は、3兄弟を育て…

「漫画」「誘拐」「不審者」 についてもっと詳しく知る

話題の記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事