夫のお小遣い額、平均でいくら?収入の何割が目安?やりくり方法も教えます

家計の中で重要な要素ともいえる「夫のお小遣い」。金額や管理方法をどのように決めていますか?毎月足りないと言われながらも家計を守ろうと努力しているママ達も多いでしょう。妻にとっても夫にとっても悩み深いお小遣い問題。今回は新生銀行のデータから夫の平均お小遣い額をご紹介します。また、収入における適切なお小遣いの割合ややりくり方法を、ファイナンシャルプランナーの意見をもとにお伝えします。

プレミアム記事

PIXTA

わが家は平均と比べて多すぎ?夫のお小遣い平均相場

家庭にとって、お小遣いの制度や金額はとても重要なものですよね。ご家庭ではパパのお小遣いはどのように設定していますか?新生銀行が2,300人の働く男女を対象に実施した調査「2016年サラリーマンお小遣い調査」で、今の日本の家庭におけるお小遣い額や生活の様子が少し見えてきました。みなさんの家庭でのお小遣い制度にも参考になるかもしれません。

お小遣い額は平均37,873円

男性会社員の月のお小遣い平均額は37,873円でした。年代によっても若干の差があり、20代は40,879円、30代では36,846円、40代では35,670円。一般的に給料がまだ低いはずの20代のお小遣い平均額が最も高くなっています。

その理由は、まだ子供がいない場合はある程度お互いに自由なお金を多く設定しているからだと考察できます。逆に30~40代は子育てや教育費に家庭として多くの支出があり、パパが自由に使えるお金は少なくなっているからだと考えることができるでしょう。

昼食代は平均587円

牛丼 PIXTA

同調査によると、サラリーマンの昼食代の平均は587円。この金額以下で食べられるものは、たとえば次のようなものでしょう。

  • 牛丼(吉野家) 並盛 380円
  • バリューランチセット(マクドナルド) 550円
  • おすすめ幕の内弁当(ローソン) 399円
プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「お小遣い」「夫」「平均」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧