夏の帰省土産はどうする?価格の相場と通販で買える百貨店の名店土産

夏のイベントの1つである実家や義実家への帰省。今年のお土産は何を持って行こうかな、と悩んでいる方におすすめしたいのが、百貨店系の名店土産です。老舗や高級店として知られているお店のものは、帰省先の家族にも「品質が良いもの」と認識されているため、もらって嫌な顔をされることはないはず。さらに、この名店土産の中には百貨店まで足を運ばずにインターネットで購入できるものも。何かと忙しい夏の日々でも簡単に買えるお土産を紹介します。

プレミアム記事

PIXTA

夏の帰省、どのようなお土産が喜ばれる?

夏休みといえば帰省。お盆の時期にはパパやママの実家に帰省をする家庭が多いでしょう。子供たちは、いつもと違う環境で遊ぶこと、おじいちゃんおばあちゃんに甘えることを楽しみにしているでしょう。その一方でママはお土産に何を持っていこうか悩むことはありませんか?

ぐるなびの調査によると帰省先の姑や舅の99%が、もらった手土産について「とても嬉しい」もしくは「やや嬉しい」と答えました。お土産をもらうのはやはり嬉しいことのようです。

手土産の平均予算や、気遣うべきポイントについてお伝えします。

お土産の予算の平均は2,633円だが、地域により差があるので注意

金 PIXTA

調査では、婿や嫁がお土産として持参するものの価格の平均は2,633円であることがわかりました。一方で姑、舅が期待するお土産の価格は2,373円でした。2,500円~3,000円程度のものを持参するのが妥当といえそうです。

ただし、地域別の回答では北海道、近畿在住の姑、舅は全体に比べ3,000円以上の手土産を希望する割合がやや高く、中国・四国地方では5,000円以上が妥当と考えている割合が他の地域に比べて高くなっていました。

こちらの地域に姑、舅が住んでいる場合には、若干高めのお土産を用意するのが無難かもしれませんね。

気遣うポイントは「味」「ジャンル」「言葉」

姑、舅が気遣ってほしいと感じている点の1位は味、そして2位に好きなジャンルであることが続きます。その他地域の名産品や、日持ちがするものが嬉しいようです。

また、意外と贈る側が忘れてしまいがちな「お土産に添える言葉」も、嫁や婿が思っている以上に気遣ってほしいと感じている人もいることがわかりました。味やジャンルなどお土産品そのものにこだわるのはもちろん、それを贈る際には「いつもありがとうございます」など、相手を気遣う言葉をかけることを忘れないようにしましょう。

外さない!名店揃いの百貨店系お土産を通販で

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「帰省」「お土産」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧