監修:鈴木さや子 さん

子供がもう一人欲しいけれど…経済的な「2人目の壁」を乗り越える方法

二人目が欲しいけれど、家計の負担が気になる!という人は多いと思います。経済的に二人目は無理、とあきらめている人もいるかもしれません。実際、二人目が増えると家計の負担はどのくらい変わるのでしょうか。支出の目安や額を知れば、経済的な理由で二人目を迷っているなら、決めるヒントとなるでしょう。ファイナンシャルプランナーがアドバイスします。

プレミアム記事

PIXTA

子供が一人増えると、家計にはどのように影響する?

子供が一人増えると、家計支出はどの程度変わってくるのでしょう。経済的な「二人目の壁」の高さを、出産準備、生活費、教育費の三つにわけて見てみましょう。

出産準備:二人目は「あるもの」を活用するのが大原則

ベビー用品 amana images

二人目の出産準備は、一人目ほどはかからないのが一般的です。その理由として次の三つが挙げられます。

  • 理由1:上の子のお下がりが使える
  • 理由2:上の子のときの経験から、必要なものを厳選して購入できる
  • 理由3:上の子のママ友ネットワークを通じて、不要なグッズを手に入れることができる

積み上げた育児スキルやママ友という財産を活用すれば、出産準備品に対しては大きな心配はないのではないでしょうか?ただ、上の子が小さい場合、ママが産後の入院中に一時預かりやベビーシッターを利用する可能性があります。そういった費用は見積もっておきましょう。

生活費:毎月1万〜2万円の支出増

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

株式会社ライフヴェーラ代表取締役

鈴木さや子 さん

今話題の記事

「二人目」「お金」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!