シングルマザーが受けられる公的手当や優遇制度まとめ

一口にひとり親世帯といっても、母子家庭は父子家庭に比べて年収水準が低いというデータがあります。日々の生活費のため、将来の教育費のためもっと稼ぎたいと思っても、子供が幼いうちはなかなかそうもいかないもの。シングルマザー世帯の生活を支えるため、国や自治体などではさまざまな手当や補助を用意しています。ご自身に当てはまるものを見つけ、もれなく受給手続きをとりましょう。

プレミアム記事

PIXTA

意外と多い、シングルマザー向けの公的サポート

シングルマザーの世帯数は、1998年から2011年の25年間で約1.5倍にも増えており、ひとり親世帯の約85%が母子家庭と言われています。また、母子家庭の平均年間就労収入は約181万円、父子家庭は360万円。母子家庭の年収は、父子家庭に比べてかなり低いことがわかります。

これから一人で子供を育てていくのに、お金のことが特に心配になるのは、数字から見ても明らか。もちろん収入を増やすことは大切ですが、育児も仕事もとなると、おのずと仕事にさける時間も限られてきます。

国や自治体のひとり親への優遇制度は、調べてみるといろいろとあるものです。制度をうまく利用して、経済的な不安を解消するきっけかにしてください。

出典元:

シングルマザーが国や自治体からもらえるお金

国や自治体は、ひとり親世帯を経済的にサポートするために各種手当を用意しています。いずれも自分から手続きをしない限りは、条件を満たしていたとしても受給できませんので注意しましょう。

児童扶養手当

サポート PIXTA

  • 対象となる人:18歳になって最初の3月31日までの子供を扶養している人
  • 申請先:お住まいの市区町村
  • 申請期限:随時
プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「シングルマザー」「公的支援」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧