暖かくておしゃれな冬の妊婦コーデ術。マタニティウェアは最低限でOK!

妊娠中の悩みの種のひとつ、服装。体型が変わり、今まで着ていたものが着れなくなってしまうからです。ただ、マタニティウェアは着る期間が短く、特に物は春夏物に比べると価格帯が上がるため、購入をためらう方もいるでしょう。そこでご紹介したいのが、マタニティ服を極力買わずにのコーデを楽しむインスタグラマーのミサト(ina.misato)さん。GUや3coinsなどのプチプラアイテムを活用し、暖かく、なおかつおしゃれなコーデは必見!出費を押さえながらファッションを楽しむワザを参考にしてくださいね。

プレミアム記事

画像:www.instagram.com

マタニティウェアを極力買わず、快適におしゃれを楽しむには?

妊娠しておなかが大きくなるにつれて、以前愛用していた服は着られなくなるもの。また、冬には防寒対策も気になるところです。

とはいえ、着用期間が限られるマタニティウェアを買うのをためらう方もいるでしょう。アウターやニットなどの冬物は春夏物に比べるとお値段が張り、なおさらちゅうちょしてしまうかもしれません。

妊娠中も体に負担をかけない範囲でおしゃれな服装で過ごしたい。でも出費は最低限に抑えたい。納得のいくマタニティコーデを楽しむにはどうすればよいのでしょうか。

インスタグラマーのミサト(ina.misato)さんに学ぶ冬の妊婦コーデ5例

マタニティウェアを最低限にし、今までの洋服で妊婦生活を楽しみたい方に参考にしてほしいのが、インスタグラマーのミサトさんの投稿です。

身長163cmと背が高く、スラリとしたスタイルが素敵な方です。先日、男の子を出産した2児のママであり、HugMugオフィシャルブロガーでもあります。

妊娠中おなかが大きくなって体のラインが変わっていくと、服装選びにも制約が出るものです。しかしミサトさんの日々の着こなしを見ていると、工夫しだいでさまざまなファッションを楽しめることがわかります。

プチプラアイテムをうまく取り入れているミサトさんのマタニティコーデをいくつかピックアップしてみました。

1. パンツはマタニティ専用を選ぶのが◎。トップスはゆったり&長め丈

もともとスカートよりもパンツがメインで、妊娠中もパンツスタイルで過ごしたいなら、マタニティ専用パンツは持っていると便利です。

ミサトさんはスウィートマミーのマタニティデニムを愛用中。おなかをすっぽりカバーし、なおかつ脚はスキニージーンズのようにスッキリ見えるデザインです。丈が長めのniko and...のトップスでおなかやお尻をさりげなくカバー。ベレー帽をかぶれば冬マタニティコーデの完成です。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「マタニティウェア」「冬」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧