冬に着たい安くてかわいいマタニティパジャマの選び方!妊娠中・妊婦におすすめの人気商品5選

産前~産後、授乳期に至るまで使用する、マタニティパジャマ。産前はゆったりしたものが便利ですし、産後は寒い授乳に耐えられる、授乳口のついたパジャマが必需品になります。今回は寒いを乗り切れる、あたたかいマタニティパジャマを紹介します。の冷えからママと赤ちゃんを守る、とっておきの一着を見つけましょう!

PIXTA

冬のマタニティパジャマの選び方

冬のマタニティパジャマ選びはママにとって、とても大切。普段着はマタニティ服を着用しているという方も、パジャマは適当に済ませているなんてことありませんか?出産後の入院生活でも使えるので、お腹が大きくなってくるタイミングを機に、パジャマも買い替えたいものですよね。

マタニティパジャマとして売られているものは授乳口が付いているものが多いので、選ぶ時のポイントにしましょう。また、お腹にズボンのゴムがあたるのが嫌だったり、入院中の診察時にスムーズに診せることができるのでワンピースタイプでズボンとは別々になっているものもおすすめです。

お腹が大きくなっても着られる大きなサイズというだけで探した一般的なパジャマよりも、やはり専用に作られているものが使いやすそうですね。妊娠中、入院中、産後の生活は室内で過ごすことも多くなると思うので着心地が良く、暖かいものを選んで快適に過ごしたいものです。

出典元:

入院中、冬のマタニティパジャマの過ごし方

秋から冬の季節は夜寝るときと朝起きたときの気温の変動が激しく、妊婦さんはお腹の冷えも心配になりますよね。

病院の入院中はパジャマで過ごすことになるので、マタニティパジャマを使いましょう。パジャマとは別に、羽織る物を準備しておくと脱ぎ着できるのでおすすめですよ。

出典元:

寒さ対策ができるものを選びましょう

冬のマタニティパジャマは防寒になる質やデザインのものを選びましょう。

冬用として売られているものには襟があり首元が暖かいものやロング丈のもの、特殊な生地を使って素材にこだわった暖かい素材など、様々な工夫が特徴です。

上に羽織るからそこまで暖かくなくていいという方は産後のお世話のときに着ることも考えて、通年使えそうな適度な素材選びをすると良さそうですね。

出典元:

寒い冬を乗り切ろう!冬におすすめあったかパジャマ5選♪

冬 ベット PIXTA

あったかくて、機能性も抜群のパジャマを集めました♪

贅沢素材のあったか上質パジャマ コットンベロア サテンパイピング 授乳ナイティ 3点セット

贅沢素材のあったか上質パジャマ コットンベロア サテンパイピング 授乳ナイティ 3点セット

芸能人御用達の人気ブランドスウィートマミーから、ベロア素材のあったかパジャマが出ています♪長め丈なので、入院中の使用も便利ですね。取り外せる授乳レイヤー付きです。

前開きデザインのあったかマタニティパジャマ ☆

あったかマタニティ 長袖パジャマ 長袖授乳服

長めの丈なので、入院中の使用にも便利です。ワンタッチでサッと開ける授乳口がついているので、授乳中胸がはだけることもありません。二色から選べます。

暖か冬用 雪柄フリース・マタニティ パジャマ

ふわふわフリース 雪の結晶柄 レディースパジャマ

フリース素材のあったかナイティ♪首までしっかり防寒できます。左右に授乳口がついているので、授乳も便利☆ウエストゴムで腹囲の調整もできて長く使えます。

レディースファション パジャマ 前開き ワンピース 上下セット

秋冬 マタニティ パジャマハート

こちらの大きな襟のかわいいハート柄のパジャマは、サッとサイドの当て布を引っ張るだけで授乳できます。厚手のコットン素材です。

あったか冬用ニットキルト・マタニティ パジャマ

キルト マタニティ パジャマ 長袖/授乳口付き

ルームウェアとしても使用出来そうなデザイン♪入院中の急なお見舞いにも対応できますし、産後おうちにいる時間が増えるので、こんなかわいいルームウェアがあれば安心ですね。こちらも授乳口付きです。

マタニティパジャマ、冬は授乳口付きで寒さ問題を解決☆

赤ちゃん ママ PIXTA

今回は妊娠中から産後まで使える、冬用のマタニティパジャマを紹介しました。

妊娠の中期から後期はお腹も大きくなり普通のパジャマではお腹周りを締め付け負担をかけてしまいます。妊婦さんにとって睡眠はとても大切です。妊娠中からマタニティパジャマを着てゆったりと過ごすように心がけましょう。

あたたかいパジャマで、寒い冬の授乳や赤ちゃんのお世話を乗り切りましょうね☆

「冬」「マタニティパジャマ」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧