冬の赤ちゃんの布団はどうしたら?体験談

赤ちゃんは夜でも汗っかきなので、布団も大人より少し薄めで大丈夫です。バンザイして冷えた手ではなくお腹を触って、寒くないか確認しましょう。また、よく動く元気な赤ちゃんにはスリーパーという長め丈のベストのような寝具がおすすめです。を迎えたママの体験談とともに布団についてご紹介します。

PIXTA

冬の布団で赤ちゃんを快適に

冬場、寝ている赤ちゃんの手を触ると冷えていて寒いのかどうか心配になることがありますよね。赤ちゃんの体温は約37℃といわれています。しかし、生まれてすぐの赤ちゃんは寒がりなので、保湿性の高い寝具が必要です。でも2ヶ月をすぎると、今度は汗っかきになります。汗の量は大人の2倍にもなるので、吸湿性・放湿性が重要です。

  • 敷布団
  • 掛布団
  • 肌布団
  • 毛布

を目安にするといいでしょう。では、実際に冬場を迎えたママの体験談をご紹介します。

体験談 敷布団を工夫して

赤ちゃん 布団 PIXTA

小さいサイズのフリース毛布とベビー用かけ布団、真冬はそれにベストを着せていました。また、ベビーベッドだったので、マットレスサイズの敷き布団を敷いていました。
出典: oshiete.goo.ne.jp

大人でも、毛布を掛け布団の上に掛けるようもシーツの代わりに敷いたほうが温かくなると話題になりました。寒い地域では、敷布団を工夫することが大切ですね!

体験談 スリーパーが活躍

寝相が悪いので、キルティングや裏起毛のあたたかいパジャマと毛布やキルティング素材のスリーパーを着せています。羽毛のスリーパーなら、布団ごと動いているようなものですし、心配ないです。
出典: www.happy-note.com

小さい子は寝ている間によく動き回るので、スリーパーを着せていれば布団を蹴飛ばしてしまっても安心ですね。スリーパーは薄手のフリース素材や羽毛のものなど種類もいろいろあります。

赤ちゃんの冬の寒さ対策に便利!おすすめのスリーパー紹介

関連記事:

赤ちゃんの冬の寒さ対策に便利!おすすめのスリーパー紹介

寒い冬は赤ちゃんが風邪をひいてしまわないように、湿度調節や体温調節が気…

冬も布団の環境を整えて快適に

赤ちゃん 布団 PIXTA

寒い冬でも、赤ちゃんは暑がりであることを忘れず掛けすぎに注意しましょう。また、よく動く元気な赤ちゃんにはスリーパーがおすすめです。

寒くても、暑くてかいた汗が冷えて風邪をひきやすくなってしまいます。気をつけて冬を快適にすごしましょう♪

「冬」「布団」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧