離婚後の名字は旧姓に戻す?戻さない?子供への影響も

一般に、結婚のときは女性が改姓することが多いため、離婚時に「名字はどうしよう?」と迷うことになるのも女性が大半。旧姓に戻すのが普通と思いつつも、今の名字が職場などに浸透していたり、子供の名字が変わる影響を考えたりすると、今の名字を名乗り続けるほうがいいような気も…。そこで、名字を変えるメリット・デメリット、各種手続きの方法など、離婚後名字に関する情報をまとめました。大切な決定の一助になりますように。

プレミアム記事

PIXTA

離婚後、自分自身の名字はどうなる?

離婚届を提出してから特に何の手続きもしなければ、結婚時に改姓した方は旧姓に戻ります。また戸籍上は、妻が夫の戸籍から抜け、結婚前の戸籍に戻ります(=復籍)。

離婚後も婚姻中の名字を名乗りたいなら

家庭裁判所 PIXTA

結婚していたときの名字をそのまま使い続けたい場合は、離婚した日から3ヶ月以内に手続きをする必要があります。具体的には、元夫婦の本籍地または届け出を行う人の住所がある役所に、「離婚のときに称していた氏を称する旨の届」を提出すればOKです。離婚届との同時提出も可能なので、婚姻中の名字を使い続けることに迷いがなければ一緒に出すとスムーズです。

問題は、離婚後3ヶ月を過ぎてしまったとき。家庭裁判所へ「氏の変更」の申し立てをしなければなりません。ただし、手続きはかなり面倒。しかも「やむを得ない事由」がないと認められず、結局、変更不可となるケースも。できるだけ3ヶ月以内に決断すると良いでしょう。

「離婚後も元夫の名字を名乗るなんて考えられない」と思う方がいるかもしれません。しかし、子供の親権をママが取ったとして、子供の名字をママに合わせる手続きをしなくて良いのはメリットです。また、「周囲の混乱を避けることができる」「公的・私的書類の名字を変更する手間がないので助かる」という意見も。

どちらの名字にするかは、気持ちの面も大切ですが、現実的なメリット・デメリットも考慮して決めてください。

出典元:

離婚後、子供の名字はどうなる?

子供 PIXTA

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「名字」「離婚後」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧