監修:鈴木さや子 さん

住宅ローン審査で落とされやすいのはこんな人!事前にできる対策は?

マイホーム購入のために住宅ローンを借りようと思ったら、金融機関の審査を通る必要があります。「わが家の年収で住宅ローンを組めるのか」と不安な方に向けて、審査に落ちる可能性のあるケースをいくつかご紹介します。審査を受ける前にやっておくとよい対策もあわせて挙げますので、あわせて参考にしてくださいね。

プレミアム記事

PIXTA

住宅ローン審査で落とされやすいポイントは?

マイホーム購入のために住宅ローンを借りようと思ったら、金融機関の審査を通る必要があります。

住宅ローンの審査は一般的に、事前審査(仮審査)と本審査の2段階に分かれています。金融機関は「この人にお金を貸しても大丈夫かな?きちんと返してもらえるかな?」といった個人の信用度を、まず事前審査でチェックします。

この事前審査で落とされるとしたら、一体どのような原因があるのでしょうか。

ブラックリストに載っている

ブラックリスト PIXTA

住宅ローンの事前審査では、

  • 消費者金融からお金を借りていないか
  • クレジットカードの返済が遅れたことはないか
  • 自動車ローンの返済が遅れたことはないか

など、住宅ローン以外の借り入れ状況や返済履歴などがチェックされます。

このような個人の債務情報は、CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)、JICC(日本信用情報機構)、JBA(全国銀行個人信用情報センター)といった情報機関に記録されています。

借入金の返済が61日以上または3ヶ月以上滞ると、CICでは「異動」、JICCでは「延滞」という記録が残ります。これがいわゆる「ブラックリストに載る」状態。異動や延滞の記録があると、事前審査にはまず通りません。

ブラックリストに載っていないか不安な場合は、ネットや郵送で自分の債務情報を照会することができます。あらかじめチェックしておくのも良いでしょう。

住宅ローン以外にも借り入れがあり、返済負担率が高い

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

株式会社ライフヴェーラ代表取締役

鈴木さや子 さん

今話題の記事

「住宅ローン」「審査」「通らない」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!