無印良品にて初の「冷凍食品」が登場!9/28より販売開始の新商品を紹介

無印良品を企画、開発する良品計画は、新たに冷凍食品シリーズの発売を発表しました。2018年9月28日(金)から限定の4店舗とネットストアにて発売開始。化学調味料不使用の安心素材で、こだわりの商品になっているんです。毎日食べたいシンプルな惣菜から煮物、雑穀や玄米を使用したおにぎり、ホットサンド、国産材料にこだわった餃子や珍しい海外おかずまで、50種類にものぼるラインナップを今回は詳しく紹介します。

無印良品から冷凍食品発売決定!

無印良品から、新たに冷凍食品シリーズが展開されることになりました。手間ひまかけたできたてのおいしさをそのままの状態でパッキングし、化学調味料は不使用、中身が見える安心のパッケージで販売されます。

それらの商品は、白あえやきんぴらごぼうのような「素材を生かしたお惣菜」、玄米や雑穀米を使った国産米おにぎりなどの「素材を生かした世界のごはん」、ギョーザやシューマイなどの「日本の飲茶」、手間のかかる煮込み料理を1食分で味わえる「世界の煮込み」、温めるだけで食べられるホットサンドやキッシュなどの「焼きたての美味しさ」という五つのテーマに分けられています。

それぞれのメニューを合わせたラインナップ総数はなんと50種類!一度買うと、他の商品もどんどん試してみたくなってしまいそうですね。

無印良品とは?

©無印良品

無印良品は、衣類、生活雑貨、食品という幅広い品ぞろえからなる日本で生まれたブランド。シンプルなデザインでありながら機能的で長持ちする商品は、使えば使うほどその良さを実感することができます。

また海外にも店舗を構えており、その品質の良さは外国人からも高く評価されているのだとか。

無印良品の店舗に入ると、大型家具や衣類の他に目をひくのが大きなスペースを占める食品コーナー。本格レトルトカレーをはじめとして、パスタソース、飲料、駄菓子から手作りスイーツのキットまで幅広い商品展開が魅力です。

出典元:

9/28より販売開始!手間ひまかけた冷凍食品ラインナップ

©無印良品

50種類にも及ぶ冷凍食品を発売日の2018年9月28日から買うことができるのは、一部4店舗(後記載)とネットストアのみ。それぞれ五つのテーマに分かれているので、具体的にどのような商品があるのかテーマごとに一部を紹介します。

1.白あえやきんぴらごぼうのような「素材を生かしたお惣菜」

食卓に野菜料理が足りないときや、お弁当にもう一品副菜を入れたいときに活躍しそうなお惣菜シリーズです。

さまざまな野菜のおひたしやきんぴら、白あえなどのシンプルな惣菜から、「ぜんまいと揚げの煮物」「丹波黒豆と大豆の煮物」「彩り野菜とひじきの煮物」など手間のかかる煮物まで14種類ものラインナップがそろっていますよ。

200gで390円(税込)と、手に取りやすい価格なのもうれしいポイントですね。

高野豆腐とえんどう豆の卵和え

©無印良品

  • 内容量:200g
  • 価格:390円(税込)

ごぼうと九条ねぎのきんぴら 柚子風味

©無印良品

  • 内容量:200g
  • 価格:390円(税込)

2.玄米や雑穀米を使った国産米おにぎりなどの「素材を生かした世界のごはん」

お米が主役のごはんシリーズは日本ならではのおにぎりや味付きごはんだけでなく、中華ちまき、キンパ、リゾットまで世界中のお米料理を味わうことができます。

冷凍おにぎりは『押し麦ごはんの梅おにぎり』『赤米ごはんの焼きおにぎり』『五穀米ごはんの鮭おにぎり』など、玄米や雑穀米も入った他で売っているものと差別化をはかった健康志向の商品が印象的。

その他、『穴子飯』『五目いなり』『栗と赤飯のおこわ』など、少しぜいたくしたい日におすすめのごはんメニューなども選べる計12種です。

発芽玄米ごはんの塩おにぎり

©無印良品

  • 内容量:400g(80g×5個)
  • 490円(税込)

五穀米ごはんの鮭おにぎり

©無印良品

  • 内容量:400g(80g×5個)
  • 価格:490円(税込)

3.ギョーザやシューマイなどの「日本の飲茶」

『国産豚肉と野菜の餃子』『国産野菜の海老焼売』『国産麦豚のワンタン』などの、国産食材を前面に押し出したおかずメニューから、『餡入りわらびもち』『きな粉おはぎ』『クリーム大福』など突然の来客時にも使えそうなデザートメニューの計12種。

冷凍餃子はどこでも買うことができる便利なおかずですが、ここまで国産にこだわったものはなかなかお目にかかれないので、ぜひ一度食べてみたいですね。

価格は全て一袋500円を下回っており、例えば『国産豚肉と野菜の餃子』は20個入りで450円(税込)です。

国産野菜と生姜の棒餃子

©無印良品

  • 内容量:320g(8個入り)
  • 価格:450円(税込)

餡入りわらびもち

©無印良品

  • 内容量:4個
  • 価格:390円(税込)

4.手間のかかる煮込み料理を1食分で味わえる「世界の煮込み」

子供がぐずってしまったり、仕事で帰宅が遅くなったりしたときになかなか作れないものといえば煮込み料理。しかし、このシリーズであれば、お湯などで温めるだけで何時間もコトコト煮込んだ料理をすぐに味わうことができます。

定番の『肉じゃが』から『ビーフストロガノフ』『サムゲタン(韓国風鶏のスープ煮込み)』『カスレ(フランス風牛肉と豆の煮込み)』など、世界中の煮込み料理を8種類から選ぶことができます。

こちらは1食分ずつの販売で、価格は1つ390円(税込)です。

肉じゃが

©無印良品

  • 内容量:175g(1食分)
  • 価格:390円(税込)

サムゲタン(韓国風鶏のスープ煮込み)

©無印良品

  • 内容量:160g(1食分)
  • 価格:390円(税込)

5.温めるだけで食べられるホットサンドやキッシュなど「焼きたての美味しさ」

『スモークチキン&チーズ』『ベーコン&チーズ』の2種のホットサンドに、『厚切り食パンのフレンチトースト』『チキンとほうれん草のキッシュ』『ベーコンとチーズのキッシュ』を合わせた計5種類の商品ラインナップです。

具をはさんでから加熱するホットサンドやオーブン調理が必要な手間のかかるキッシュを、温めるだけで自宅で味わうことができます。

価格は1個250円~490円(税込み)と幅がありますが、500円を超えることはありません。

ホットサンド スモークチキン&チーズ

©無印良品

  • 内容量:1個
  • 価格:350円(税込)

チキンとほうれん草のキッシュ

©無印良品

  • 内容量:1個
  • 価格:490円(税込)

取扱店舗

2018年9月28日(金)発売は以下4店舗およびネットストアのみとなりますのでご注意ください。

  • 無印良品 越谷レイクタウン
  • 無印良品 イオンモール堺北花田
  • 無印良品 イオンモールKYOTO
  • 無印良品 グランフロント大阪
  • 無印良品 ネットストア

できたてのおいしさを食卓に

©無印良品

化学調味料不使用の、安心材料によりこだわって作られた無印良品の冷凍食品。子育てをしながら忙しい毎日を送るママや、妊娠中で長い間キッチンに立つことが難しい方には冷凍庫に常備させておきたいものばかりでしたね。

また、冷凍食品とは思えないような世界中のメニューを選ぶことができるラインナップには驚きました。普段あまり冷凍食品を利用しないという方でも「一度食べてみたい」と感じるものばかりだったのではないでしょうか。

冷凍食品が販売される店舗が近くにない方は、ぜひ公式ネットストアをチェックしてみてくださいね。

無印良品公式ネットストア

今話題の記事

「無印良品」「冷凍食品」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧