「バッテンおんぶひもが一番」と言う親…グッズ選びの正解は?

育児の大先輩である実母や義母。子育てについてアドバイスをくれる一方、昔の育児方法にこだわりを見せ、ママたちを戸惑わせることも。その一つとして挙げられるのは「バッテンおんぶひも」です。現在は肩と腰で赤ちゃんを支える抱っこひもが主流になりつつありますが、親世代から見ると「あれは危ない」「おんぶが一番なのに」と感じることがあるようです。昔ながらのおんぶひもと、現代の機能性抱っこひも、双方の魅力と使い方のポイントについて見てみましょう。

プレミアム記事

「その抱っこひも、大丈夫?」疑いの目を向ける親

今や町中のママたちが使っているように思える、機能性抱っこひも。まだ歩けない赤ちゃんとのお出かけや、自宅でグズグズする赤ちゃんの子守をするときに大活躍する、育児のお助けアイテムです。しかし、その便利グッズに眉をひそめる実母や義母がいるようです。

ママリにも、親世代の「おんぶひもアピール」に困るママの声が投稿されています。

義母が「昔は前がばってんの形になるおんぶひもだったのよ。今のは外国製ばかりでちょっと前かがみになったら赤ちゃん落ちそうで危ないねー。」って言われました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
私は抱っこひもラクチンで家の中でも使ってるんですが義母は危ないから使っちゃだめと言います
きっとうちの義母も最近の抱っこひもの使い方がわかんないんだと思います(-。-;
わからないならわからないと言ってくれれば教えるのに!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

自分にとってなじみのない育児グッズに「危険なのでは?」と疑いを向ける親たち。なんとか安全さと便利さを伝えたいところですが「バッテンが一番」と、現代の抱っこひもを真っ向から否定されてしまうと、困りますよね。

昔は王道だった「バッテンおんぶひも」

昔の育児では王道だった「バッテンおんぶひも」。背中全体で赤ちゃんを支えるため肩への負担が軽く、ママの視界が広い点が魅力です。昔は子供の数が多い家庭がたくさんあったため、子守の負担を減らすために、おんぶひもが活躍していたのでしょう。体形を選ばず装着できるため、ママ以外が子守をするときにも活躍したようです。

赤ちゃんにとっても、背中全体からママのぬくもりを感じられるおんぶひもは、安心できて寝心地がよさそうですね。

また、小さくたためるため、ちょっとした持ち運びにも場所を取りません。荷物の中にもスッと入れられるため、実は現代のママの持ち運び用としても、利点があるのです。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「抱っこ紐」「おんぶ紐」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧