IKEAでそろえる「おもちゃ収納」持っておきたいおすすめ便利アイテムBEST4

北欧のスウェーデン発家具メーカー・IKEA(イケア)。良心的な価格ながらハイセンスなデザインが光り、世界中で愛されているブランドです。近くにお店がなくて買いに行けない、と諦めていたママも、最近はインターネットで購入可能になり、気軽にIKEAのアイテムをご自宅で活用することができますよ。数ある商品の中から、今回はおすすめの収納アイテムを紹介します。なかなか片付かないおもちゃをIKEAのグッズできれいに収納しませんか?

おもちゃをきれいに収納しよう!IKEAのおすすめアイテムを紹介

子供のおもちゃは、成長するにつれてどんどん増えていきますよね。片づけても片づけてもきりがなく、いき場のないおもちゃが出てきてしまうことも。そして、いつしか片づけることを諦めたおもちゃたちが箱からあふれていませんか?

なんとかしなくてはとは思っても、いまいち良い方法が思いつかない方もいると思います。また、おもちゃ以外にもあらゆるものの片づけ・収納はママたちの永遠のテーマ。今回は、そんなママのお悩みを解決できるIKEAの収納アイテムを紹介します。すっきり片づけて、お部屋をスッキリさせませんか?

1.RASKOG ロースコグ ワゴン

RASKOG ロースコグ ワゴン

狭いスペースを有効活用できるキッチンワゴンは、キッチンだけでなくリビングや子供部屋、ベッドサイドなどいろいろな場所で使える便利なアイテム。

こちらはスチール製で頑丈な作り。安定感もあり、子供が多少乱暴に扱っても簡単には壊れません。キャスター付きだから必要な場所への移動も楽ですね。

デザインはシンプルですが、ライトグリーン、ターコイズ、ブラック、イエローなど豊富なカラーがそろっているのでお部屋のインテリアに合わせたり、子供が好きな色にしたり、楽しみながら選んでください。

2.TROFAST トロファスト 収納コンビネーション

TROFAST トロファスト 収納コンビネーション

サイズのちがう引き出しがそろっているため、小さなおもちゃと大きなおもちゃを分別して収納できるこちらのアイテム。好きな位置に棚板やボックスをセットすることができるので、使いやすい高さに組み立て可能です。

引き出しの出し入れもしやすく、子供自身もしまってある場所を理解しやすくて便利です。箱にポイポイ入れるだけの簡単収納なので、子供が片づけをしてくれるようになったとの口コミもありますよ。

サイズ違い、カラー違いでも多数展開しているトロファスト。部屋の広さやおもちゃの量などを検討し、最適なものを検討してみてください。

3.STORSTABBE ストルスタッべ ハンギング収納 7コンパートメント

 STORSTABBE ストルスタッベ ハンギング収納 7コンパートメント

ぶら下げて使用し、デッドスペースになりがちな空間を有効活用できるハンギング収納。あまり重いものは収納できませんが、インテリアとしても活用できそう。もちろん、クローゼットの中でも活用可能です。

両側にポケット収納もついているので、どんどんたまるシールなど細かいものをしまっておくのにとても便利。そのままでは折れ曲がってしまいがちなものも、きれいにしまっておくことができます。

さっと置くだけでOKなので、子供もおもちゃを飾る感覚で楽しくお片付けできそうです。

4. FLYTTBAR フリットバール バスケット ふた付き

FLYTTBAR フリットバール バスケット ふた付き

急な来客が来たときでも、ポイポイとおもちゃをしまえる収納バスケット。容量が大きくたっぷり入ると好評です。ふた付きだから中も見えづらく、ランドリーケースとしての使用もおすすめ。

簡単に薄く畳むことができるので、使用しないときには場所をとることもありません。これだけ使い勝手の良い収納バスケットが1,000円をきる価格なのはうれしいですね。

胴体のボーダー柄がキュート。ふたと持ち手のカラーはグリーンの他にイエローがあります。どちらもかわいくて迷ってしまうかもしれません。

収納アイテムを駆使して、目指せスッキリ部屋!

収納 PIXTA

雑誌やメディアなどでもたびたび収納アイテムや収納テクが紹介されますが、凝っているものはまねしにくかったり、アイテム自体もなかなか手が出しにくかったりと、取り入れるのにハードルが高いですよね。

IKEAのアイテムならリーズナブルな価格で使い方も分かりやすく、子供1人でも片付けやすい仕様になっていますよ。お気に入りの収納グッズを見つけて、お子さんと楽しく片付けができる環境を作ってみませんか?

おすすめ記事

「IKEA」「おもちゃ収納」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧