娘の初手話は、ずっと伝えていたある言葉で…|聞こえなくてもつながる、親子の世界#後編

耳が聞こえないハンデがありながら、娘さんを育てているうささ(@usasa21)さん。ある日、娘さんがジェスチャーを一生懸命してくれたことで会話が成り立ち、不安がだんだんと解けていきました。さらに、娘さんはうさささんがずっと伝えていた「ある言葉」を手話で見せてくれて…。思わず心が温かくなる、「耳がきこえないマッマときこえるムッスメ。」後編です。

©うささ

©うささ

©うささ

©うささ

©うささ

©うささ

©うささ

©うささ

©うささ

うささ(@usasa21)さんのインスタグラム

小さな指を震わせながら、「パパ」と手話で伝えた娘さん。真相は気になるところですが、うさささんがずっと見せていたからこそ、娘さんも覚えてくれたのではないでしょうか。今後も、耳が聞こえないハンデを親子のきずなで乗り越えていって欲しいですね。

バックナンバーは下記よりごらんください。

「耳がきこえないマッマときこえるムッスメ。」
バックナンバー

出典元:

おすすめ記事

「漫画」「ママ」「耳がきこえない」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧