1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子供用品・グッズ
  4. キッズ用品の基礎知識
  5. えっ、これが500円?3COINSのキッズリュッククッションがかわいく高機能!

えっ、これが500円?3COINSのキッズリュッククッションがかわいく高機能!

子どもがつかまり立ちやつたい歩きなどを始めたばかりのころは、危なっかしくてひやひやしませんか?上手に歩いていたと思ったら急に後ろへ倒れてしまい頭をぶつけてしまうということも…。子どもを優しくサポートするキッズクッションリュックが3COINS(スリーコインズ)でも販売されているのをご存じでしょうか?このかわいさ、高スペックのキッズクッションリュックが500円で購入できるのはうれしい。商品のくわしい内容と実際に購入された方のインスタ投稿を紹介します。

3COINSのキッズクッションリュックがかわいい!

3COINSは雑貨やコスメ、ファッションアイテムなどさまざまな雑貨を取り扱うショップ。300円からの手頃な価格でおしゃれなデザインのものや、便利なグッズがそろうので愛用しているママもいるかもしれません。

そんな3COINSではキッズ用アイテムの取り扱いもあります。子育て中は必要なものがいろいろとあり、出費がかさみますよね。少しでも出費を抑えたい、でもデザインは譲れないというママにぴったりなのが3COINSのキッズ用アイテムなんです。

今回紹介するのはキッズクッションリュック。かわいらしいデザインで写真映えもバッチリですよ。

キッズクッションリュック

©3COINS

©︎3COINS

見た目がかわいらしい3COINSのキッズクッションリュック。クッション性もありワンコインで買えるのはうれしいポイント。

つたい歩きを始めたばかりでまだ不安定な赤ちゃんでも、このクッションリュックを背負っていれば転んで頭を打ってしまう心配がありません。

こんなにもかわいいと、子ども目線でもよろこんで背負ってくれそうです。

商品詳細

  • 商品名:キッズクッションリュック
  • 対象月齢:生後5か月~15か月 ※対象月齢はあくまで目安です
  • 価格:500円(税抜)

使用する際は、必ず保護者がそばにいるようにしてください。子どもの後頭部への衝撃を軽減する目的で作られていますが、すべての転倒による衝撃を緩和するものではありません。サイズが合う合わないなどには個人差があります。激しく転倒するなどした後、子どものようすに変化が見られるようであれば病院を受診しましょう。

購入者の声を紹介

3COINSのクッションリュックは安いけれど大丈夫…?と不安に思うママもいるかもしれません。そこで、実際に3COINSのクッションリュックを購入し、使っているという声を紹介します。

てんとう虫でにこにこ

頭から何か生えてます。てんとう虫。 ※1

背負った時にてんとう虫の触覚の部分が頭から生えているように見えて、とてもキュート。背負っている本人もうれしそうでにこにこ。つかまり立ちをする様子をどんどん写真に撮りたくなりますね。

頭までしっかりカバーできて安心

7ヶ月の娘に3コインズでキッズクッションリュックを買いました。座っててまだまだひっくり返るし、つかまり立ちもし始めてちょっと怖い。上の子の時には高くて買えなかったけど、550円なら嫌がるなら使わなくてもいいかなぁと。 ※2

子どもの成長時期によっては、短期間しか使わないけれど必要なものもあります。少しの間しか使わないのに、値段ばかりが高いとその分の出費もかさみがちに。

キッズクッションリュックのように、子どもが転ばずに歩けるようになるまでの間だけ必要なものが、安く手に入るのはママもうれしいですね。

つかまり立ちを始めたらクッションリュックデビューを

赤ちゃんがつかまり立ち、つたい歩きを始めるとその様子がかわいらしくて、ついついじっくりと眺めてしまいますよね。その分、急に後ろへ倒れ込んでひやっとする経験も増えることと思います。

赤ちゃんの周りの安全に気を配ることはもちろんですが、クッションリュックを背負っていればひやっとする場面を減らすことができるかもしれません。

欲しいけれど出費がかさんでなかなか買えないと思っていたママは、ぜひ3COINSのキッズクッションリュックを試してみてくださいね。

おすすめ記事

「3coins」「スリコ」「キッズクッションリュック」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧