1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 産後の独りよがり「イクメン」ぶりが離婚を招く|夫婦のミゾが埋まらない #1

産後の独りよがり「イクメン」ぶりが離婚を招く|夫婦のミゾが埋まらない #1

「イクメン」という単語が浸透してきた昨今。積極的に育児をしてくれるのはよいことですが、独りよがりな姿勢は逆効果となってしまうことも…。今回は、離婚の危機にまで達した夫婦をえがく『夫婦のミゾが埋まらない』をご紹介。イクメン気取りの夫・ダイチにイライラを募らせる妻・コトミがどんな関係になっていくのか。『夫婦のミゾが埋まらない 産後にすれ違う男女を変えるパートナーシップ学』(著者:渡辺大地・青柳ちか、出版元:KADOKAWA)から、第1話をごらんください。

©渡辺大地・青柳ちか/KADOKAWA

©渡辺大地・青柳ちか/KADOKAWA

©渡辺大地・青柳ちか/KADOKAWA

©渡辺大地・青柳ちか/KADOKAWA

©渡辺大地・青柳ちか/KADOKAWA

©渡辺大地・青柳ちか/KADOKAWA

夫婦に必要な「パートナーシップ」とはどういうものなのか、ダイチとコトミが衝突し解決していったことはいったい何なのか?次回は、第1子となる長男・リョウトが生まれたときのお話です。

次回へ続きます。

『夫婦のミゾが埋まらない』書籍も好評発売中!

夫婦のミゾが埋まらない 産後にすれ違う男女を変えるパートナーシップ学/渡辺大地・青柳ちか

自らを「イクメン」と自負し張り切る夫・ダイチさんと、独りよがりな夫の行動にイライラしてしまう妻・コトミさん。それぞれの意識の違いから、離婚危機にまで発展してしまう夫婦の溝を埋めるためにできることとは…。“パパ目線の産後クライシス”のリアルなエッセイとして話題となった『産後が始まった! 夫による、産後のリアル妻レポート』の第2弾となる『夫婦のミゾが埋まらない 産後にすれ違う男女を変えるパートナーシップ学』。

おすすめ記事

「夫婦のミゾが埋まらない」「産後」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事