1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 夜道でいきなり体を触られる…恐怖の瞬間|拉致られそうになった話#3

夜道でいきなり体を触られる…恐怖の瞬間|拉致られそうになった話#3

駅に置いた自転車が見当たらず、自宅まで徒歩15分の道を歩いて帰っているぱるる(@palulu_diary)さん。午前0時過ぎの道を歩いていると前方から男性が歩いてきて…。『拉致られそうになった話』第3話をごらんください。

ⓒpalulu_diary

ⓒpalulu_diary

ⓒpalulu_diary

ⓒpalulu_diary

ⓒpalulu_diary

ⓒpalulu_diary

暗い夜道を1人で歩くなか、ずっと胸騒ぎがしていたぱるるさん。そこへ正面から怪しい男性が現れ、ぱるるさんに何かつぶやいたようです。さらにすれ違いざまにお尻を触ってきました…。

ぱるるさん、大丈夫でしょうか?次回に続きます。

夜道で不審者に遭遇、必死で逃げるも家はまだ先|拉致られそうになった話#4

関連記事:

夜道で不審者に遭遇、必死で逃げるも家はまだ先|拉致られそうになった話#4

午前0時過ぎ、やむを得ず駅から徒歩で帰宅していたぱるる(@palulu_diary)さ…

拉致られそうになった話
バックナンバー

『拉致られそうになった話』の著者であるぱるるさんは、この漫画にこめた思いについて以下のようにコメントしています。

「この漫画は、女性の夜の一人歩きの危険性を知ってもらう為に、私自身の経験を元に描かせて頂きました。私も『まぁ大丈夫かな…』という軽い気持ちで歩いていたらこのような事件に遭遇してしまいました。読者の方も、夜道を歩かなくてはいけない時は、タクシーを使うなど身を守るよう気をつけてもらえればなと思っております。

私も、ケチってしまってタクシーを使わなかったことを後悔しました。今思うとおよそ1,000円で命を守れるのなら安いものだと…。また、帰りが遅くなる時はいざという時に走りやすい靴を履いておくのもいいかもしれませんね。今では人気の少ない夜道は絶対歩かないようにしています。

本来はこんな事件が起きないことが当たり前であってほしいです。しかし、何か起きてからでは遅いので、防犯対策などを通して、少しでも犯罪に遭う方が減れば幸いです」

警察庁は、女性の防犯を目的として『女性のための安全サポートブック』を発行しています。防犯方法についてはこちらを参考にしてください。

女性のための安全サポートブック

学校から家まで徒歩10分の距離で起きた、身の毛がよだつ体験|子どもを狙う不審者#1

関連記事:

学校から家まで徒歩10分の距離で起きた、身の毛がよだつ体験|子どもを狙う不…

子どもが見知らぬ人から声をかけられたり、不審者に遭遇したりする事例が後…

勝手に駐車場を使われ迷惑。犯人は誰か張り込んでみると…!?|非常識な奴と戦った話#1

関連記事:

勝手に駐車場を使われ迷惑。犯人は誰か張り込んでみると…!?|非常識な奴と戦っ…

2人の姉妹を育てているAi(@mayai260)さん。そんなAiさんが、新婚時代にそう…

ぱるる(@palulu_diary)さんのインスタグラム

ぱるるさんのブログ「ぱるる絵日記」

おすすめ記事

「漫画」「体験」「恐怖」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事