1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 【無印良品】静かすぎるサーキュレーターも!シンプル&かわいい電化製品5選

【無印良品】静かすぎるサーキュレーターも!シンプル&かわいい電化製品5選

無印良品といえば「収納グッズ」「お菓子」「食品」などが有名ですが、シンプルな電化製品があることをご存じですか。インスタグラムで無印良品の情報を発信しているあやのすけ(@ayanosuke.muji)が愛用しているおすすめの電化製を5つ紹介します。

ⓒayanosuke.muji

コンパクトなハンディファン

無印良品のハンディファン ⓒayanosuke.muji

手に収まるサイズの「充電式コンパクトハンディファン」。

小型で充電式のハンディファンは、1回の充電で約2時間使用できます。

白くてシンプルで、かつコンパクトだから持ち運びにも便利。

無印良品のハンディファン ⓒayanosuke.muji

なんとこのハンディファンは、首を折ることができるから、机などに置いて使うことも可能です。

風量は、リズム、弱、中、強の4段階。

価格も990円(税込)とリーズナブルです。

出典元:
【無印良品】子どもも大人も一緒に食べられる「豆乳ビスケット」

関連記事:

【無印良品】子どもも大人も一緒に食べられる「豆乳ビスケット」

Instagramにて無印良品の食品だけに特化して紹介している、ぽっぽ(@poppo_mu…

静かすぎる!サーキュレーター

無印良品のサーキュレーター ⓒayanosuke.muji

梅雨から夏の季節に大活躍なサーキュレーター。価格は4,990円(税込)です。

我が家では部屋干しの洗濯物を乾かす時に、エアコンの空気の循環にサーキュレーターを使っています。

このサーキュレーターのすごいところは低騒音なところ。弱の場合、60Hzで18.5dB。強では38.5dB。

静かな心地よい風を送り出してくれます。

シンプルな形も部屋に馴染みやすく、おしゃれに使うことができます。

騒音の大きさは、dB(デシベル)という単位を用います。健康な人が聞こえる一番弱い音を0dB、その10倍を10dB、100倍を20dB、1000倍を30dBというようになっています。
簡単に日常生活における音の目安をご紹介致します。
40dB:深夜の市内、図書館、静かな住宅地の昼
30dB:郊外の深夜、囁き声
20dB:木の葉の触れ合う音、置き時計の秒針の音(前方1m) ※1
出典元:

シンプルでいい、体重計

無印良品の体重計 ⓒayanosuke.muji

無印良品らしいシンプルなデザインの体重計「ヘルスメーター」。価格は3,990円(税込)です。

体脂肪などを測る機能はなく、純粋に「体重」のみ測定するシンプルイズベストな体重計です。

無印良品が目指している、「これがいい」ではなく「これでいい」というコンセプトが詰まった体重計を試してみませんか。

出典元:

灯りにもなる懐中電灯

無印良品の懐中電灯 ⓒayanosuke.muji

真っ白でシンプルな作りの懐中電灯。こちらも、ザ・無印良品らしいと思えるデザインです。

懐中電灯として使うのはもちろんですが、逆さにして立てると明かりにもなるので停電時に灯りの代わりにもなります。

手のひらサイズのコンパクトなものなので、一つ備えてみてはどうでしょうか。

出典元:
【無印良品】まるで履くラグ!?快適ルームサンダルをレポ

関連記事:

【無印良品】まるで履くラグ!?快適ルームサンダルをレポ

暑い夏を少しでも快適に過ごしたい!そんなママにおすすめの無印良品のアイ…

回して使うキッチンタイマー

無印良品のキッチンタイマー ⓒayanosuke.muji

無印良品のキッチングッズとして人気の「ダイヤル式キッチンタイマー」。

くるくる回して時間をセットしてピッとスタートボタンを押す簡単なタイマーです。

一度使うと病みつきになります。

出典元:

シンプル家電で心地よく過ごす

今回紹介した5つのアイテム、どれもシンプルで使いやすいものばかりです。

無印良品らしいデザインでありながら、機能も優秀な家電製品、ぜひ参考にしていただきたいです。

※商品情報・価格は購入時のものです

【無印良品】仕事が早くなるかも!デスクの収納&文房具5選

関連記事:

【無印良品】仕事が早くなるかも!デスクの収納&文房具5選

コロナ禍でリモートワークが増えて自宅で仕事をするケースが増えています。…

無印お姉さんあやのすけ(@ayanosuke.muji)のインスタグラム

おすすめ記事

「無印良品」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事