1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 930グラムでわが子を出産、ママの体験談で感じる命の奇跡

930グラムでわが子を出産、ママの体験談で感じる命の奇跡

現在、一児の母である鳥野とりこ(@torico_bird)さんによる、息子を早産で出産したときの漫画エッセー『930グラムのいのち』。出産当時、息子の体重は930グラムだったといいます。出産に至るまでの思いをていねいにつづった本エッセーは、命が生まれる奇跡を感じられる作品です。そのストーリーをご紹介します。

ⓒtorico_bird

ⓒtorico_bird

ⓒtorico_bird

ⓒtorico_bird

ⓒtorico_bird

ⓒtorico_bird

待望の妊娠、つわりの中で起きた出血

2年間の不妊治療の末、待望の赤ちゃんを授かった鳥野とりこ(@torico_bird)さん。その幸せを噛みしめます。
しかし、喜ぶ一方で、妊娠初期から出血が続いていました。そして激しいつわりに耐えるさなか、突然大量に出血してしまうのです。

出血も赤ちゃんは無事

ⓒtorico_bird

ⓒtorico_bird

ⓒtorico_bird

ⓒtorico_bird

ⓒtorico_bird

ⓒtorico_bird

医師の「赤ちゃんは無事」という言葉に涙ぐみ、喜ぶ鳥野とりこ(@torico_bird)さん。安堵(あんど)に思わず、涙があふれます。この後、出血が多めの鳥野とりこさんは、大きな病院に転院をすることに。

そして先の病院で「絨毛膜下血腫(じゅうもうまっかけっしゅ)」が原因で出血していることがわかりました。このまま観察を続けて無事出産したかった鳥野とりこさんですが、この後、まだ試練が待っていたのです。

陣痛のような痛みや出血が続き入院

ⓒtorico_bird

ⓒtorico_bird

ⓒtorico_bird

薬を飲みながら妊娠の経過を観察してきた鳥野とりこさんですが、陣痛のような張りがあったり出血が止まらなかったりして、管理入院することになります。

薬の量を増やしてもなかなか状況が改善せず、満身創痍(そうい)の状態が続いていました。医師からは「早産になる可能性が高い」と言われますが、当時まだ妊娠22週…。少しでもおなかの中に赤ちゃんがとどまれるように祈る鳥野とりこさんでした。

帝王切開で出産、赤ちゃんとの対面は

ⓒtorico_bird

ⓒtorico_bird

ⓒtorico_bird

ⓒtorico_bird

ⓒtorico_bird

破水し、緊急で帝王切開をすることになった鳥野とりこさん。産後、なかなか赤ちゃんの産声が聞こえず不安に。その瞬間、か細い泣き声が聞こえ、赤ちゃんの無事を確認するのでした。

妊娠中にはさまざまなトラブルがあります。鳥野とりこさんのほかにも、出血や早産の兆候に不安を抱えながら出産を迎えた方はいるでしょう。

『930グラムのいのち』には、予期せぬトラブルの数々に見舞われながらも、一生懸命に赤ちゃんを守ろうとするママ、そしてその姿を支える医療関係者や家族の姿が描かれています。気になる方はぜひ本編をチェックしてみてくださいね。

生まれた息子は930グラム。早産になったのはなぜ?予兆を感じ取っていた私|930グラムのいのち#1

関連記事:

生まれた息子は930グラム。早産になったのはなぜ?予兆を感じ取っていた私|93…

現在一児の母である鳥野とりこ(@torico_bird)さんの息子・ねこ太くんは、早…

おすすめ記事

「漫画」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事