1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 保育園帰り、おむつの強烈なにおいを撲滅!4児母のハックを紹介

保育園帰り、おむつの強烈なにおいを撲滅!4児母のハックを紹介

保育園からの持ち帰りおむつは、強烈なにおいを放ちますよね。ビニール袋で縛っただけではにおいが消えず「帰りにお店に立ち寄るのもためらう…」という経験はありませんか。この記事ではインスタグラムでライフハックや購入品レビューを紹介しているかえるかあさん(@kaerukaaasan)が、おむつがにおわない持ち帰り方法を紹介します。

ⓒkaerukaaasan

半日経過したおむつのにおいをブロックしたい!

私は妊娠出産を経てどんどんにおいに敏感になりました。今では洗剤やハンドクリームも、無香料のものしか使えないほどです。

そんな私が保育園のお迎えの際に悩んでいたのが、持ち帰りおむつのにおい。双子なので持ち帰るおむつの量も2倍。多いときは10枚を超えることもあります。

回収したおむつのにおいを一刻も早く閉じ込めるために考案したのが、今回ご紹介する方法です。定番グッズですが、コスパを意識した方法なのでぜひ参考にしてください。

頼りになる!「驚異の防臭袋BOS(LLサイズ)」

@kaerukaaasan

においを閉じ込める袋として比較的有名な「驚異の防臭袋BOS」。もうご存じの方はいるかもしれません。

におい対策といえば傘袋やパンの袋を推す声も聞いたことがありますが、においに敏感な私としては、強烈なにおい対策にはBOSが頼りでした。

しかし、毎日のおむつ持ち帰り用の袋を「驚異の防臭袋BOS」にするとコスパが気になるところ。そこでわたしは「おむつが入ったビニールごとBOSに入れる」という方法に行きついたのです。

BOSをコスパよく使う裏ワザ

@kaerukaaasan

わが家の子どもが通う保育園では、あらかじめセットしたビニール袋に持ち帰り用おむつを入れておいてくれます。そのため、持ち帰りの際は「驚異の防臭袋BOS」の中に、このビニール袋ごと入れ、クリップで口を挟みます。

LLサイズは35cm×50cm(マチ付き)なので2人分のおむつもすっぽり。かばんの中にいれて持ち帰ってみましたが、他のものににおいが移ることはありませんでした。さすがBOSです!

ここが重要!持ち帰った後の処理の仕方

@kaerukaaasan

帰宅後、クリップを外したら中のビニール袋入りおむつはそのままゴミ箱へ。空になったBOSの袋ですがは、振り回すと中のにおいを飛ばすことができます。

ここで注意。おむつが入った状態で鼻を近づけてもにおいが気にならないBOSですが、おむつが入っていた内側は「すごいにおい」がします。家の中ではなく、近所迷惑にならない屋外で行うことをおすすめします。

@kaerukaaasan

においを飛ばした後、写真のように空気を抜き、またクリップでとめて保育園かばんの中に戻しています。

本来なら使い捨てできれば楽ですが、それなりにコストがかかる袋のため、使い回す方法をとって少しでもお金がかからないように対策しています。

驚異の防臭袋 BOS (ボス) ストライプパッケージ (LLサイズ)60枚入り

少しの工夫で生活を快適に

@kaerukaaasan

持ち帰りのおむつ対策、皆さんはどうしていますか?他にも防臭ポーチなどもありますね。使いやすい方法でしっかりとにおい対策をしてみてください。

うちの夫ですが「驚異の防臭袋BOS」の一通りの使い方を伝えた翌日、思いっきり家の中でクリップをはずし振り回しておりました。とんでもないにおいを浴びてしまったようです。皆さま本当にご注意くださいませ。

【楽天】で購入、550円でベビーカーの虫対策!双子も使える便利アイテム

関連記事:

【楽天】で購入、550円でベビーカーの虫対策!双子も使える便利アイテム

ベビーカーでお散歩や外出するとき、日よけや暑さ対策のほか、虫よけ対策は…

子どもも大人も一緒につかえるノンケミカルな日焼け止め3選

関連記事:

子どもも大人も一緒につかえるノンケミカルな日焼け止め3選

子どもの日焼け止めってたくさんあって悩みますよね。何がいいんだろう、ほ…

かえるかあさん¦1歳双子と5歳8歳¦育児グッズレビュー¦ライフハック
(@kaerukaaasan)のインスタグラム

おすすめ記事

「おむつ」「保育園」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧