1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 涙があふれてしまった。通行人からの声かけに、2児の母が救われた話を描く漫画

涙があふれてしまった。通行人からの声かけに、2児の母が救われた話を描く漫画

ギャン泣きの姉・いとちゃんと弟・うりくんを連れてひとりで困っていたわさび(@wasabi_2910)さん。周囲の目線が刺さるように感じましたが、落ち着いて見回すと、自分たちを温かく見守り応援してくる人たちがいることに気づきます。救われたように感じホッとしたのもつかの間、状況はますますピンチに。いとちゃんのある一言で、頑張っていた気持ちも途切れ涙が。そんな『最悪な日』に見つけた幸せとは?わさびさんによる『最悪な日。』をダイジェストでご紹介します。

©wasabi_2910

©wasabi_2910

©wasabi_2910

©wasabi_2910

©wasabi_2910

怒られるのかと思ったら…優しさが伝わってきてジーン

あまりに泣き止まないので、道の途中で抱っこで休憩するわさびさん。そんなときに近づいてきたこわもての年配男性に、うるさいと怒られるのではないかと身構えます。あまりの怖さに泣きやむいとちゃんですが、男性はモゴモゴと口ごもったまだけで何も言わず立ち去りました。

男性の表情から「何をしていいかわからないものの、なんとか力になりたい」という気持ちが伝わってきて、心が温かくなりました。心の優しいおじいさんだったのですね。

「ママきらい!」心が折れたときに「大丈夫?」で涙が

©wasabi_2910

©wasabi_2910

©wasabi_2910

©wasabi_2910

©wasabi_2910

ほんの5分の道のりなのに1時間もかけて帰ることになり、わさびさんはクタクタ。いとちゃんが言う「ママきらい!」を受け流すことができず、泣きそうになっていました。

そこに声をかけてくれた優しい女性が、自転車と荷物を家まで運んでくれることに。

本当な大丈夫じゃないのに、つい「大丈夫です」と答えてしまう…子育てをしていると、周りに迷惑にならないようにといつも気を遣うクセがついてしまっているのかもしれませんね。

大変な日も、人の優しさで救われる

©wasabi_2910

©wasabi_2910

©wasabi_2910

©wasabi_2910

帰宅に1時間という本当に大変な1日でしたが、今まで気づかなかった人の温かさにふれた幸せな日でもあったといいます。

言葉にはしなくても、子育てを頑張っているママを見て、心の中でエールを送っている人は意外とたくさんいるのかもしれませんね。心が温かくなる『最悪な日。』ぜひ読んでみてください。

新しい保育園にワクワクで登園したのに…娘に感じる違和感の正体は|最悪な日。#1

関連記事:

新しい保育園にワクワクで登園したのに…娘に感じる違和感の正体は|最悪な日。…

環境が大きく変わることは大人でも不安だったり、ゆううつに感じたりするこ…

【全部読める】
最悪な日。
公園から「帰りたくない」わが子が毎回ギャン泣きしていた本当の理由

関連記事:

公園から「帰りたくない」わが子が毎回ギャン泣きしていた本当の理由

子どもと公園に行くと、なかなか帰りたがらず困ってしまうことはありません…

勘弁して!真夏の炎天下でギャン泣きスイッチ発動|児童館でちょっぴり泣いた話#前編

関連記事:

勘弁して!真夏の炎天下でギャン泣きスイッチ発動|児童館でちょっぴり泣いた…

子育てをしていると、ここで泣かれるとつらいという場所で大泣きされたり、…

わさび(@wasabi_2910)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「漫画」「かんしゃく」「育児」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事