1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 「玄関で産んでしまった」産院に電話したら|1歳息子と2人きりの自宅出産

「玄関で産んでしまった」産院に電話したら|1歳息子と2人きりの自宅出産

出産の進み具合は本当に予測不可能だと感じる、ようみん(@mamayoubi)さんが描く出産レポ漫画のご紹介です。夫が不在のなか、1歳の息子と2人きりでお産が始まってしまった由希さん。1人目の出産時は陣痛が弱く、産院から帰された経験があったため、陣痛を我慢しすぎていたのです…。本格的な陣痛がきてしまい、ついに自宅で赤ちゃんが生まれてしまいました。『1歳息子と2人きりの自宅出産』第10話をごらんください。

©mamayoubi

由希さんは破水後の強烈な陣痛をたえつつ、赤ちゃんは自宅で産まれてしまいました。幸い由希さんが手で受け止めたので、落下することは防げました。放心状態のところに陣痛タクシーがやっと到着しました。

©mamayoubi

©mamayoubi

©mamayoubi

©mamayoubi

©mamayoubi

©mamayoubi

©mamayoubi

©mamayoubi

©mamayoubi

陣痛タクシーが来るまでに産まれてしまうとは誰も思わないですよね。本当にお産はどうなるかわからないものです。この状況で産院の先生からどんなことを言われるのでしょうか。

産婦人科医も混乱の状況、果たして赤ちゃんの命は|1歳息子と2人きりの自宅出産

関連記事:

産婦人科医も混乱の状況、果たして赤ちゃんの命は|1歳息子と2人きりの自宅出産

2人目の出産が自宅で始まってしまった由希さん。初めは前駆陣痛のような痛み…

1話目はこちら

【全話読める】
1歳息子と2人きりの自宅出産

出産は毎回異なるものと考えましょう

©mamayoubi

出産は人それぞれと言いますが、同じ女性でも出産は1回1回異なります。前回の出産経験を意識しすぎると、ときには判断が鈍ってしまうことも。漫画の由希さんのように、初産のときに病院に早く出向きすぎた経験があると「できるだけ自宅で我慢しよう」と思いやすいでしょう。また、ネット上でもさまざまな体験談があり、比較することで「自分はまだかな」と感じる人もいそうです。

さらに上の子がいる場合、小さい子を連れて、陣痛のなか病院を往復するのは大変な苦労。そんな思いも重なって、漫画内の由希さんは病院への連絡をためらってしまったのかもしれません。

何回目でも、どう進むか予測するのが難しいのが出産。体調の変化に最も気づけるのはママ本人です。「早すぎる」「まだ大丈夫」と自己判断せず、違和感を覚えた時点で出産施設に連絡をしましょう。母子ともに安全な状態で出産に臨みたいですね。

ようみん(@mamayoubi)さんのインスタグラム

予定日が超過するも陣痛は来ず。波乱の予感がする出産の幕開け…!|里帰り出産レポ#1

関連記事:

予定日が超過するも陣痛は来ず。波乱の予感がする出産の幕開け…!|里帰り出産…

妊娠中や出産時は、体調の変化はもちろんさまざまなことが起こり、人生の中…

計画無痛分娩まであと約1か月。突然、生理痛のような痛みが…|計画無痛分娩だったのに #1

関連記事:

計画無痛分娩まであと約1か月。突然、生理痛のような痛みが…|計画無痛分娩だ…

約1か月後に、計画無痛分娩を予定しているポジョ(@harupojo)さん。残り…

「出産」「エピソード」「自宅出産」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧