1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 油断したところに前駆陣痛?でもこれってもしかして…|真冬の車内出産、自分で赤ちゃんを取り上げた話

油断したところに前駆陣痛?でもこれってもしかして…|真冬の車内出産、自分で赤ちゃんを取り上げた話

なぜか生まれるのはまだ先だと油断してしまった優花さん。夕飯を作りながら軽い腹痛を感じましたが、今までの出産で経験したことのない前駆陣痛だと思い至ったようです。しかしその額にはだんだんと汗がにじんでいき…。『真冬の車内出産、自分で赤ちゃんを取り上げた話』をごらんください。

©ao_ba0524

3人目を妊娠中の優花さん。2人目がスピード出産だったことから、何かあれば早めに連絡するよう医師に念を押され、優花さん自身も改めて気を引き締めたようです。

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

微妙なおなかの痛みは前駆陣痛だろうと思い込んでいた優花さん。前駆陣痛の経験がなく、陣痛と区別がつかなかったようですが、だんだんと重く強い痛みに変わっていき…。ある予感が頭をよぎります。

1話目はこちら

あっという間に縮まる陣痛間隔。赤ちゃんの胎動は…|真冬の車内出産、自分で赤ちゃんを取り上げた話

関連記事:

あっという間に縮まる陣痛間隔。赤ちゃんの胎動は…|真冬の車内出産、自分で赤…

次第に強くなる痛みに、陣痛かもしれないと思い始めた優花さん。夫に報告し…

【全話読める】
真冬の車内出産、自分で赤ちゃんを取り上げた話

経産婦の出産は進行が早いことも。早めに病院に連絡を

病院に連絡する目安となる陣痛の間隔は、初産婦で10分間隔、経産婦なら規則的に陣痛がくるようになったときといわれています。経産婦の場合、陣痛開始から出産までの時間が前回の出産の半分程度になるといわれているため、より早めに病院に連絡をする必要があります。

今回の漫画は3人目の出産のケースです。主人公の女性は前駆陣痛と陣痛の区別がつかず、結果として病院につくまで間に合わず車内出産となりました。

前駆陣痛と陣痛の違いは本人にはわからないこともあります。亀田マタニティ・レディースクリニックのホームページには以下のような記載があります。

前駆陣痛か陣痛かは、始まりの段階では分からないことが多いです。経過を見て強くなれば陣痛で、弱くなれば前駆陣痛という判断になります。自分では判断が難しいので、不安であればクリニックに連絡してください。 ※1

前駆陣痛か陣痛か区別がつかないときは、病院に連絡して指示をあおぎましょう。今回の漫画のように、思いがけず病院での出産に間に合わない事態は、本来ならば避けたいところ。大切な赤ちゃんを安全に迎えたいですね。

出典元:

あおば(@ao_ba0524)さんのインスタグラム

まさかの事態に!思いもよらない2人目の出産|1歳息子と2人きりの自宅出産

関連記事:

まさかの事態に!思いもよらない2人目の出産|1歳息子と2人きりの自宅出産

2人目の出産を控えている由希さんの身に起きた、驚きの出産体験についてのお…

「子ども産むべきじゃなかった」産後のメンタルが大崩れ。回復の鍵はおしゃべりにあった

関連記事:

「子ども産むべきじゃなかった」産後のメンタルが大崩れ。回復の鍵はおしゃべ…

出産後は体だけでなく精神的にも大きな負担がかかります。思うようにいかな…

おすすめ記事

「出産」「エピソード」「漫画」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事