アップリカのコランハグがおすすめの理由って?おしゃれで高性能な人気ブランド抱っこ紐がすごい!

赤ちゃんが生まれるとなったら、用意しておきたい抱っこひも。でもいろいろなメーカーから、さまざまなタイプが発売されているので、何を買えばいいか迷ってしまいますね。こちらで紹介するアップリカの「コランハグ」は、機能もデザインも充実で、育児雑誌が選ぶ子育てトレンド表彰も受賞した注目製品。気になる製品や特徴を紹介します。

PIXTA

アップリカ「コランハグ」ってどんな抱っこひも?

アップリカから2014年9月にデビューした抱っこひも「コランハグ」。日本人のママや赤ちゃんの体型にフィットする設計や、成長に合わせて長く使える5つの抱っこバリエーション、豊富なデザインと、機能満載の頼もしい抱っこひもです。

この「コランハグ」、なんと人気育児雑誌が子育て関連のトレンドを選ぶ「第7回 ペアレンティングアワード」も受賞しているんですよ!注目の抱っこひも「コランハグ」を紹介します!

出典元:

1. 日本人の体型にぴったりフィット! 疲れにくい!

黄色 PIXTA

コランハグは、日本人の体型に合わせて設計されているのが特徴のひとつ。腰ベルト、肩ベルトでサポートしてくれるので、ママやパパの体にしっかりとフィットして疲れにくい!

また、赤ちゃんの脚が開きすぎないようになっていて、股関節を自然なM型に保ってくれます。

2. 成長に合わせて5つの抱っこ・おんぶができる!

コランハグは5つの抱っこやおんぶに対応しているのがうれしいですね。赤ちゃんが安心な縦抱っこのほか、7ヶ月頃から使える前向き抱っこ・腰抱っこ、家事などに便利なおんぶもできます。

首すわり前の新生児には横抱っこ(別売りのコランハグ専用新生児シートが必要)もできるので、成長に合わせて長く使えるのがポイントです。

3. 新生児にも安心な専用シートを用意!

黄色 PIXTA

首が据わる前の赤ちゃんは横抱っこが基本。コランハグには別売りの専用新生児シートが用意されているので、横抱っこで赤ちゃんの自然な体勢を作ってくれます。首と頭をサポートし、お腹を圧迫しない設計になっているので新生児にも安心して使えます!

アップリカ コランハグ専用新生児シート

4. 充実の機能で使い勝手もバツグン!

赤ちゃんの首と頭を固定してくれる「ネックサポート」や、睡眠中でも安心な「おやすみサポート」を標準装備。また縦抱っこ時の赤ちゃん側の背面には、メッシュ素材と通気孔を装備して、通気性もばっちり確保。よだれパッドも装備していますよ!

マザーズバッグに収まりやすいコンパクト設計や、3ステップの簡単装着(縦抱っこ時)、くるっと丸めて腰部分に留めておける機能など、ママ・パパにうれしい機能も充実しています!

5. 好みで選べる3シリーズ10カラー!

バリエーション豊富なのもコランハグのいいところ。好みで選べるのがうれしい!基本モデルは3シリーズ10カラーがラインアップされています!

リュクス

コラン ハグ リュクス (ノーブルベージュ)アップリカ Aprica COLAN

落ち着いた色合いで光沢感のある上品なデザイン。シンプルなデザインを好む人にぴったり!ノーブルブラックとノーブルベージュの2色

ナチュレ

コラン ハグ ナチュレ アップリカ Aprica

肌さわりの良いコットン素材採用で、明るいカラーとデザインが取り入れられているのが特徴。ブラック系やピンク系、グリーン系など全5色をラインアップ。

オリジナル

コラン ハグ オリジナル アップリカ Aprica

王冠のモチーフがポイント! カジュアルなデザインでパパ、ママ問わずに使えます。レッド、ネイビー、グレーの3色。

6. コラボモデルも登場しています!

人とは違う抱っこひもが欲しい!という人は、コラボレーションモデルに注目!

ミッキーマウスモデル

アップリカ コランハグ ディズニーモデル

ミッキーに抱っこされているようなデザインがかわいいですね。おでかけが楽しくなりそうです。

機能、カラーも豊富でママ・パパの強い味方!

抱っこ PIXTA

ママ、パパ、子どもにやさしい充実の機能と、好みによって選べる豊富なカラーバリエーションが魅力のコランハグ。

縦抱っこはもちろんのこと、横抱っこ、前向き抱っこ、おんぶなど、新生児~3歳ごろまで成長に合わせて長く使えるのがうれしいですね!抱っこひもを持っていれば、お出かけの幅が広がること間違いなし!自分にぴったりな抱っこひもを探してみてくださいね。

出典元:

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧