1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 息子に非はなかったのに…。悔しさと涙が込み上げる|学童保育で息子がいじめられた話

息子に非はなかったのに…。悔しさと涙が込み上げる|学童保育で息子がいじめられた話

学童保育で友達から意地悪をされていた、オニハハさんの長男・イチくん。オニハハさんは親として、園長先生と意見を交わしながら、イチくんが再び楽しく学童に通えるようにサポートします。悪ふざけの範囲を超えた、ゴウくんの意地悪を目の当たりにしたオニハハさん。怒りが湧き上がります。オニハハさんの脳裏に浮かんだのは、園長先生の言葉でした。『学童保育で息子がいじめられた話』第3話をごらんください。

©オニハハ

第1話から読みたい方はこちら

©オニハハ

©オニハハ

©オニハハ

©オニハハ

©オニハハ

園長先生からは「イチくんにも原因がある」と言われていたのに、実際は何もしていなかった、イチくん。ゴウくんの一方的な意地悪でした…。しかも、その意地悪は度を越していました。

園長先生に言われた言葉を思い出し、怒りや悔しさが込み上げるオニハハさん。涙がこぼれそうになりながら、さっき目撃した事実を伝えました。

事実とは違うことで、自分の子どもにも非があるように言われたら、悲しいですよね。保育者として、しっかり子どもたちを見てほしいと思うのは、親心として当然なことです。

一件落着?友達が「意地悪していた理由」に拍子抜け|学童保育で息子がいじめられた話

関連記事:

一件落着?友達が「意地悪していた理由」に拍子抜け|学童保育で息子がいじめ…

学童保育で友達から意地悪をされていた、オニハハさんの長男・イチくん。オ…

【全話読める】
学童保育で息子がいじめられた話

子どもにとって一番の味方になって、わが子を守ろう

©オニハハ

学童保育でゴウくんから意地悪をされ、泣かされることが増えてきたオニハハさんの長男・イチくん。オニハハさんは学童保育の園長先生に相談しながら、友達と和解し、再び楽しく学童保育に通える状態にすることを目指します。

わが子が意地悪をされたり、学校・学童保育などでの集団生活で居づらさを感じたりするとき、一番の味方でいられるのは家族です。子どもを見守る教師や学童の支援員と話し合いながら、わが子の思いがきちんと伝わるようにサポートをしてあげたいですね。

また、イチくんとトラブルになったゴウくんのように、本人の自覚なく相手を深く傷つけてしまうこともあり得ます。普段から、人の痛みや悲しみを想像できるような言葉かけや話し合いをしておけると良いですね。

オニハハ。さんのブログ『オニハハ絵日記。』

突然の嫌がらせが始まった|ある日登校したら筆箱に液体のりがぶちまけられていた話#1

関連記事:

突然の嫌がらせが始まった|ある日登校したら筆箱に液体のりがぶちまけられて…

学生時代にいじめを経験したサヤカ@イラストエッセイ(@sawayakasayaya)さん…

小学生になった途端「ゲーム買って!」公園でゲームを楽しむ子どもたちに起きた親トラブル|小学生のゲーム機トラブル#1

関連記事:

小学生になった途端「ゲーム買って!」公園でゲームを楽しむ子どもたちに起き…

子どもたちが公園の遊具やベンチへ集まり、ゲーム機で遊んでいる光景を見た…

「学童」「いじめ」「漫画」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧