1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 「ゆれたっていい」寄り添う先生の言葉に涙があふれる|私の助産師タマゴ時代

「ゆれたっていい」寄り添う先生の言葉に涙があふれる|私の助産師タマゴ時代

助産師を目指すモクコ(@fufufufutago)さん。このお話は、モクコさんと友人たちが、自分自身や妊産婦と向き合い続け、助産師になるために駆け抜けた、病院実習の日々の記録です。ヤマの一生懸命な言葉の数々に、肩の力が抜けたように笑顔を見せる、テラダさん。熱くなりすぎたことを反省するヤマでしたが、先生のあたたかい言葉に涙がこぼれます。先生がヤマにかけた言葉とは…。『私の助産師タマゴ時代』第18話をごらんください。

©fufufufutago

第1話から読みたい方はこちら

©fufufufutago

©fufufufutago

©fufufufutago

©fufufufutago

©fufufufutago

©fufufufutago

©fufufufutago

©fufufufutago

©fufufufutago

©fufufufutago

正解のない育児だからこそ、共感してもらえるだけで、気持ちが救われることもありますよね。厳しさの中にも、愛があふれる先生の言葉に、胸と目頭が熱くなります。

さまざまな試練を乗り越えてきた学生たち。継続で受け持っている妊婦さんたちが、いよいよ妊娠10か月を迎えるようです。

質問に答えられない…妊婦さんとの関係性に不安|私の助産師タマゴ時代

関連記事:

質問に答えられない…妊婦さんとの関係性に不安|私の助産師タマゴ時代

助産師を目指すモクコ(@fufufufutago)さん。このお話は、モクコさんと友人た…

【全話読める】
私の助産師タマゴ時代

チームで母子の命を守る、助産師の世界が少しだけ見える作品

©fufufufutago

©fufufufutago

©fufufufutago

助産師を目指し、約5か月間の病院実習が始まった、モクコさんと友人たち。実習は妊産婦への保健指導から、産後のママと赤ちゃんの受け持ちまで、多岐にわたります。また、分娩介助では、24時間いつ呼び出されてもおかしくないほど、過酷なものでした。

初めて出産を目の当たりにし、命の重さに感動することもあれば、妊婦さんへのサポートがうまくいかず、悲しくなったり落ち込んだりすることも…。実習生ごとにそれぞれ異なる困難が立ちはだかり、その度に自分自身や妊産婦と、一生懸命に向き合います。モクコさんたちは、先生や先輩助産師のアドバイスを受けながら、少しずつ、着実に助産師への道を進んでいくのでした。

出産は何度経験していても、その度に状況が違い、不安なものです。だからこそ、何でも相談できたり、不安を解消してくれたりと、助産師の存在は心強いものですよね。助産師の世界が少しだけ見える、情熱的で温かい作品です。

出典元:

モクコ(@fufufufutago)さんのインスタグラム

生まれた息子は930グラム。早産になったのはなぜ?予兆を感じ取っていた私|930グラムのいのち#1

関連記事:

生まれた息子は930グラム。早産になったのはなぜ?予兆を感じ取っていた私|93…

現在一児の母である鳥野とりこ(@torico_bird)さんの息子・ねこ太くんは、早…

奇跡の出産を乗り越えるも、トイレで倒れてしまう…。壮絶な産後の幕開け|産後レポ#1

関連記事:

奇跡の出産を乗り越えるも、トイレで倒れてしまう…。壮絶な産後の幕開け|産後…

2019年に女の子を出産したみほ(@miho_nekokichi)さんは、41週を過ぎて陣痛促…

「仕事」「助産師」「漫画」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧