1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 質問に答えられない…妊婦さんとの関係性に不安|私の助産師タマゴ時代

質問に答えられない…妊婦さんとの関係性に不安|私の助産師タマゴ時代

助産師を目指すモクコ(@fufufufutago)さん。このお話は、モクコさんと友人たちが、自分自身や妊産婦と向き合い続け、助産師になるために駆け抜けた、病院実習の日々の記録です。妊娠中から産後1か月まで、継続して受け持つ、「継続事例実習」。ユリの担当である初産婦のサノさんは、気がかりなことがありました。不妊治療を経て、妊娠したサノさん。検診の度にたくさんの質問をしてくれましたが…。『私の助産師タマゴ時代』第19話をごらんください。

©fufufufutago

第1話から読みたい方はこちら

©fufufufutago

©fufufufutago

©fufufufutago

©fufufufutago

©fufufufutago

©fufufufutago

©fufufufutago

©fufufufutago

©fufufufutago

©fufufufutago

長い不妊治療の末に妊娠した、サノさん。心配事が尽きない様子ですね。サノさんの質問に答えられず、自身の力不足を痛感するユリでした。しかし、和久田助産師は「足りない知識がわかってよかった」と、前向きに捉えていました。

どこか浮かない表情のサノさんですが、ユリはどんな関係を築いていくのでしょうか。

「どんな出産になるかな」心配が尽きない妊婦が迎えた36週目|私の助産師タマゴ時代

関連記事:

「どんな出産になるかな」心配が尽きない妊婦が迎えた36週目|私の助産師タマ…

助産師を目指すモクコ(@fufufufutago)さん。このお話は、モクコさんと友人た…

【全話読める】
私の助産師タマゴ時代

チームで母子の命を守る、助産師の世界が少しだけ見える作品

©fufufufutago

©fufufufutago

©fufufufutago

助産師を目指し、約5か月間の病院実習が始まった、モクコさんと友人たち。実習は妊産婦への保健指導から、産後のママと赤ちゃんの受け持ちまで、多岐にわたります。また、分娩介助では、24時間いつ呼び出されてもおかしくないほど、過酷なものでした。

初めて出産を目の当たりにし、命の重さに感動することもあれば、妊婦さんへのサポートがうまくいかず、悲しくなったり落ち込んだりすることも…。実習生ごとにそれぞれ異なる困難が立ちはだかり、その度に自分自身や妊産婦と、一生懸命に向き合います。モクコさんたちは、先生や先輩助産師のアドバイスを受けながら、少しずつ、着実に助産師への道を進んでいくのでした。

出産は何度経験していても、その度に状況が違い、不安なものです。だからこそ、何でも相談できたり、不安を解消してくれたりと、助産師の存在は心強いものですよね。助産師の世界が少しだけ見える、情熱的で温かい作品です。

モクコ(@fufufufutago)さんのインスタグラム

慣れない土地での不妊治療。友人夫婦が来てくれた|りなちゃんとわたしーママ友になれると思ったのに-

関連記事:

慣れない土地での不妊治療。友人夫婦が来てくれた|りなちゃんとわたしーママ…

この物語は、海原こうめさんの読者さんの体験談を元にした漫画です。夫の地…

不妊治療の日々、腹痛に苦しむ夫の病名はまさかのものだった|不妊治療中にがん告知されました

関連記事:

不妊治療の日々、腹痛に苦しむ夫の病名はまさかのものだった|不妊治療中にが…

この物語は、著者・海原こうめさんの読者さんの体験談。主人公・シカさんは…

「仕事」「助産師」「漫画」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧