1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 「わかってくれると思ったのに」ママ友の勝手な言い分に困惑|新築の家をママ友の子供達に傷つけられた話

「わかってくれると思ったのに」ママ友の勝手な言い分に困惑|新築の家をママ友の子供達に傷つけられた話

これは主人公みやこが、高校時代からの親友あさ子やその子どもたちに振り回された挙句、建てたばかりの家を傷つけられたことで、ママ友としての付き合い方を考え直すまでのお話です。ある日、家にやってきたあさ子たち家族。双子がメリーを壊してしまうも悪びれる様子のないあさ子にみやこは怒りますが…。あおば(@ao_ba0524)さんの描く『新築の家をママ友の子供達に傷つけられた話』第15話をごらんください。

©ao_ba0524

第1話から読みたい方はこちら

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

あさ子もあさ子なりに何かを抱えているようですが、何の説明もなしに泣かれてしまっては、みやこもどうすることもできませんよね。

みやこは子育てに関して自分なりの考えを伝え、あさ子に「なぜ子どもたちを叱らないのか」素朴な疑問を投げかけます。

「わかってもらえない」友人の言葉が意味不明すぎる|新築の家をママ友の子供達に傷つけられた話

関連記事:

「わかってもらえない」友人の言葉が意味不明すぎる|新築の家をママ友の子供…

これは主人公みやこが、高校時代からの親友あさ子やその子どもたちに振り回…

【全話読める】
新築の家をママ友の子供達に傷つけられた話

本当の友だちは、お互いのことを思い合える存在

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

主人公・みやこは、高校時代からの親友・あさ子を新築の自宅に招きます。その結果、あさ子の子どもたちによって新築の床に穴を開けられてしまいました。ところが、あさ子は悪びれるどころか「子どもがいればいずれこうなる」と開き直るばかりです。

遊びたい盛りの子どもの行動は読み切れません。それでも、親が謝罪もせず逆上したら、許せませんよね。

みやこは、高校時代にいじめられていた自分を助けてくれたあさ子に恩を感じていました。そのため、以前からあさ子の言動に不信感を抱いていながらも、なかなか友人関係をやめることはできなかったのです。

今回のできごとで、みやこはあさ子に対して補修費を請求した上、言い逃れできないようにきぜんと対応しました。友達としての縁は切れてしまいましたが、子どもがしたことの責任を取れない相手とはお付き合いを控えるのが賢明かもしれません。

たとえ子どもがしたことでも、親は常識的な責任を取らなくてはいけませんね。親としての振る舞いについて考えさせられる作品です。

あおばさんのブログ『あおばブログ』

親友と同時期に結婚。そして、ママ友に…|ママ友になって親友とできた溝

関連記事:

親友と同時期に結婚。そして、ママ友に…|ママ友になって親友とできた溝

小学生のころから幼なじみで親友の2人の女性。ずっと一緒に過ごしてきた2人…

慣れない土地での不妊治療。友人夫婦が来てくれた|りなちゃんとわたしーママ友になれると思ったのに-

関連記事:

慣れない土地での不妊治療。友人夫婦が来てくれた|りなちゃんとわたしーママ…

この物語は、海原こうめさんの読者さんの体験談を元にした漫画です。夫の地…

「漫画」「ママ友」「トラブル」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧