1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 容姿が悪い気がする娘の将来を悲観「どうやって幸せになる?」|私の娘は可愛くない

容姿が悪い気がする娘の将来を悲観「どうやって幸せになる?」|私の娘は可愛くない

神谷もちさんの友人・ゆうみは、キャバクラで働きながらダイエットやジム通いなど美しくなる努力をした結果、10歳年上で年収3000万の社長と結婚、妊娠。何もかもうまくいっていたはずの人生でしたが、夫にそっくりな娘が生まれてから、悩みを抱えてしまいます。児童館に行ったことを後悔していたゆうみは、マイナス思考の沼にハマっていました。夫は「ブサイクだけど稼いでいるから良い」と自分自身を納得させるゆうみでしたが、娘あいりのことを考えると…?『私の娘は可愛くない』第6話をごらんください。

Ⓒ神谷もち

第1話から読みたい方はこちら

Ⓒ神谷もち

Ⓒ神谷もち

Ⓒ神谷もち

Ⓒ神谷もち

Ⓒ神谷もち

Ⓒ神谷もち

Ⓒ神谷もち

Ⓒ神谷もち

Ⓒ神谷もち

娘の容姿に不安を抱いているあまり、娘の将来まで悲観するようになってしまったゆうみ。まだ生まれて間もない赤ちゃんだというのに、涙を流すほど悲しんでいるゆうみは、容姿へのこだわりが非常に強いことがわかります。

容姿が悪い子の人生は「ハードモード」怒りの矛先はついに夫へ|私の娘は可愛くない

関連記事:

容姿が悪い子の人生は「ハードモード」怒りの矛先はついに夫へ|私の娘は可愛…

神谷もちさんの友人・ゆうみは、幼少期「そこそこ可愛かった」といいます。…

【全話読める】
私の娘は可愛くない

子どもの人生は子どものもの

Ⓒ神谷もち

Ⓒ神谷もち

Ⓒ神谷もち

この作品では神谷もちさんの友人・ゆうみが、娘・愛理の容姿に悩む様子が描かれています。生まれてすぐから夫にそっくりだったあいりは、親から見てお世辞にも「かわいい」とは言えなかったといいます。ゆうみは他の子どもと愛理を比べて落ち込み、洋服を工夫するなどしてみますが、納得のいく結果にはなりませんでした。

この漫画では容姿がコンプレックスとして挙げられていますが、容姿に限らず「コンプレックスが何もない」という人の方が少ないのではないでしょうか。

その後、不安が大きくなったゆうみは、娘の容姿に対する不安を夫に吐露し、夫婦げんかに。しかし、夫の「何かあったら俺が守る。俺たちのかわいい娘の人生を否定するな」という一言でハッとさせられます。勝手なコンプレックスでがんじがらめになってしまったことを家族に謝り、考えを改めました。

親が子どものことを心配するのは当たり前のことです。それは見た目だけでなく、学力や運動能力なども同じですよね。しかし心配しすぎるあまり、親が子どもの自信をそぐような思考になってしまっては元も子もありません。子どもの人生は子どものもの。親はわが子が自信を持って生きていけるようサポートすることが大切ですよね。

神谷もちさんのブログ「もちログ」

また比べてしまった…。私のメンタルはどん底|療育相談センターに通っていたときの話#1

関連記事:

また比べてしまった…。私のメンタルはどん底|療育相談センターに通っていたと…

わが子の発達度合や集団生活でのようすなど、子育てをしていると親として気…

3年保育は諦め、2年保育に。発達グレーゾーンのわが子の入園奮闘記|幼稚園難民になった話

関連記事:

3年保育は諦め、2年保育に。発達グレーゾーンのわが子の入園奮闘記|幼稚園難…

発達に特性がある子どもの場合、子どもはもちろん親にとっても入園・入学の…

おすすめ記事

「漫画」「子育て」「娘」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧