1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 「おめでとう」に対し無言、妊娠陽性でも素直に喜べない理由|5年半待ったトツキトオカ

「おめでとう」に対し無言、妊娠陽性でも素直に喜べない理由|5年半待ったトツキトオカ

この漫画は、小森うに(@uni.comori)さん夫婦が5年半通った不妊治療クリニックを卒業するまでのお話です。最後の不妊治療で妊娠反応が出たうにさん。先生から「おめでとうございます」と声をかけられても、どこか浮かない顔です。実は1年前、同じく陽性だったのですが胎嚢が確認できず流産した経験があったのです。『5年半待ったトツキトオカ』第2話をごらんください。※流産に関する描写があります。つらくなる方は閲覧にご注意ください。

©uni.comori

第1話から読みたい方はこちら

©uni.comori

©uni.comori

©uni.comori

©uni.comori

©uni.comori

©uni.comori

©uni.comori

©uni.comori

©uni.comori

©uni.comori

先生から妊娠の陽性反応が出ていると伝えられても、うにさんは1年前の流産を思い出し素直には喜べませんでした。

流産を経験すると、その後に妊娠が分かっても無事に赤ちゃんが産まれるまでは不安な思いを抱えたまま妊娠生活を過ごしがちです。そんな時には、パートナーなど身近な人に支えてもらえると安心できますね。

経過が不安でも「おなかの子に名前を」前向きになろうとする妻|5年半待ったトツキトオカ

関連記事:

経過が不安でも「おなかの子に名前を」前向きになろうとする妻|5年半待ったト…

この漫画は、小森うに(@uni.comori)さん夫婦が5年半通った不妊治療クリニッ…

【全話読める】
5年半待ったトツキトオカ

不妊治療から待望の出産までの道のり

©uni.comori

©uni.comori

©uni.comori

小森うにさん夫婦は、5年間に及ぶ不妊治療の末、最後の移植で待望の赤ちゃんを授かりました。クリニックを卒業するまでには化学流産なども経験されたといいます。妊娠してからも「心拍は確認できる?」「つわりは乗り越えられる?」「マタニティーマークはつける?」など、不安や悩みが次々と浮かんできたそう。赤ちゃんを守るため、さまざまなことに思いをめぐらせたことが漫画から伝わってきます。

『5年半待ったトツキトオカ』は、夫婦のきずなや周囲のサポートを描き、妊娠や出産への気持ちを前向きにしてくれるマタニティエッセー。新しい命を迎える準備をするのは嬉しさとともに不安もつきものですね。そんな期間限定のマタニティーライフを振り返る小森うにさんの姿を通じ、命を授かる尊さを感じられるお話です。

小森うに・妊娠出産育児漫画(@uni.comori)さんのインスタグラム

出典元:
不妊治療の日々、腹痛に苦しむ夫の病名はまさかのものだった|不妊治療中にがん告知されました

関連記事:

不妊治療の日々、腹痛に苦しむ夫の病名はまさかのものだった|不妊治療中にが…

この物語は、著者・海原こうめさんの読者さんの体験談。主人公・シカさんは…

子どもが欲しいけどできない。焦るのは私だけ?|不妊治療 コウノトリを待つ人へ#1

関連記事:

子どもが欲しいけどできない。焦るのは私だけ?|不妊治療 コウノトリを待つ人…

妊娠は、子どもが欲しいと思う女性にとってとても喜ばしいものですよね。し…

「漫画」「不妊治療」「妊娠」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事