1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. つらすぎる…病院へ行っても白いうんちと高熱は続いた|子どもが入院しても付き添いはワンオペ

つらすぎる…病院へ行っても白いうんちと高熱は続いた|子どもが入院しても付き添いはワンオペ

これは主人公の和葉さんが、突然入院となった息子に付き添いながら、家族のことをかえりみず、自分のことばかり考えている夫とのこれからを考えるお話です。子どもが生まれ、夫の希望もあって専業主婦となった和葉さん。ある日、息子が高熱を出し突発性発疹を疑いますが、今度は白いうんちが出て…。紙屋束実(@kamiya.tsukami)さんの描く『子どもが入院しても付き添いはワンオペ』第4話をごらんください。

©kamiya.tsukami

第1話から読みたい方はこちら

©kamiya.tsukami

©kamiya.tsukami

©kamiya.tsukami

©kamiya.tsukami

©kamiya.tsukami

©kamiya.tsukami

©kamiya.tsukami

©kamiya.tsukami

©kamiya.tsukami

病院でも“突発性発疹”かもしれないと言われ薬をもらった和葉さん。しかし息子の拓斗くんは症状がよくなりません。漏れるうんちと闘いながら看病を続けた和葉さんはさすがにお疲れの様子…。

夫はのんきに起きてきて和葉さんの顔に驚いていますが、夜中も必死に看病した結果ですよね。せめてねぎらいの言葉があれば…と願ってしまいます。

病名は“ロタウイルス”付き添いで入院が決まる|子どもが入院しても付き添いはワンオペ

関連記事:

病名は“ロタウイルス”付き添いで入院が決まる|子どもが入院しても付き添いは…

これは主人公の和葉さんが、突然入院となった息子に付き添いながら、家族の…

【全話読める】
子どもが入院しても付き添いはワンオペ

子育てで大変な時期、必要なのはどんなパートナー?

©kamiya.tsukami

©kamiya.tsukami

子どもが体調不良のときは親も不安になりますし、パートナーには一緒に看病してほしいですよね。

この物語の主人公・和葉さんの息子は、ロタウイルスと突発性発疹に同時にかかってしまいました。付き添い入院が決まり夫に連絡するものの、気遣う言葉はありません。何とか退院できても、夫は休日に釣りに出掛けてしまい、和葉さんはまったく夫に頼ることができませんでした。

その後、また息子が体調を崩した際も夫は頼りにならないばかりか乱暴な態度。和葉さんはついに離婚を決意し、息子を連れて家を出ていく決意をするのでした。

家族がピンチのとき、パートナーにはどんな行動を求めますか?夫婦でいる以上は相手の状況を想像し、ピンチを切り抜けるために力を合わせたいものです。反対に相手に負担をかけ続けるような相手とは、家族としての暮らしを続けるのは難しいと感じるかもしれません。

『子どもが入院しても付き添いはワンオペ』は、家族とはどういうものでありたいか、自分の理想と現状について改めて見直したくなる作品です。

なんで?こんなはずではなかった子育ての現実|待望の子どもが生まれて私と夫は

関連記事:

なんで?こんなはずではなかった子育ての現実|待望の子どもが生まれて私と夫は

待望のわが子が誕生し、幸せいっぱいのmii(@mii.mog)さん夫婦。はじめはサポ…

転職先で学んだ「合わない人」との付き合い方|どうしたって合わない人間はいると学んだ

関連記事:

転職先で学んだ「合わない人」との付き合い方|どうしたって合わない人間はい…

作者・こてつ(@kotetsu_n)さんは、学生時代から誰とでも信頼関係が築ける性…

紙屋束実(@kamiya.tsukami)さんのインスタグラム

「ワンオペ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧