妊婦の旅行はいつからいつまで?マタ旅で注意すべきポイント

出産後は旅行したくてもゆっくりとは行けなくなってしまいます。妊婦だからこそ出産までに旅行を楽しんで思い出を作りたい、と思って旅行を計画する人も少なくないでしょう。でも妊娠中の旅行は気をつけなければならないことがたくさんあります。こちらの記事では、妊婦旅行に行く際に気をつけるべきこと、注意すべきポイントについてご紹介します。妊娠中は母体と赤ちゃんの安心にできる限り配慮して「マタ旅」を楽しみましょう。

PIXTA

妊婦の旅行は大丈夫?

妊娠中は旅行をしてはいけないという決まりはありません。出産後はなかなか旅行する時間も取れなくなるので、妊娠中という限られた時間の中で旅行することもよい思い出となりそうですね。

妊娠中に旅行をする場合は決して無理はせずに、時期や旅行先、宿泊先をしっかりと計画した上で出かけるようにしましょう。

出典元:

妊婦の旅行はいつまで?

キャリーケース PIXTA

一般的に妊娠中の旅行は、つわりの症状が落ち着き、安定期とされている妊娠中期(5ヶ月、16週)以降に行くのが望ましいとされています。

それでも妊娠していない時とは異なり、妊娠期間を通して常に体調には気を付けて行動しなければなりません。後ほど記載していますが、念のため担当医師に相談してからのほうが安心でしょう。

出典元:

妊娠中の旅行で注意したいこと

風景 PIXTA

妊娠中であっても旅行となればとても楽しい気分になります。ただし決して妊娠中であることを忘れてはいけません。胎児を守るためにも楽しい気分の中でも、自分自身の体を気遣うことは非常に大切です。

旅行時に注意すべき点がいくつかありますが、不測の事態に備えて、事前の準備も念入りに行うようにしましょう。

スケジュールには余裕を持つ

妊娠していなくても旅行では体力を使うので、余裕あるスケジュールを立てましょう。

休憩時間を多くとり、体の負担になることを極力避けてゆったりと旅行を楽しみましょう。万が一体調が悪くなった時に備え、周辺の施設や病院について調べておくと安心です。

長時間同じ姿勢を取らない

足 むくみ PIXTA

旅行に出かける際は、車や電車、飛行機などの乗り物を利用することがほとんどですが、長時間同じ姿勢のまま座っているとエコノミークラス症候群になりやすくなります。同じ姿勢を長時間とらないように気をつけましょう。

また、こまめに水分をとることを意識してください。

妊娠中の旅行!移動手段の安全性を比較しました

関連記事:

妊娠中の旅行!移動手段の安全性を比較しました

安定期を過ぎ、無理のない範囲で旅行を、と考える方が多いと思います。でき…

かかりつけ医に相談する

どの程度の移動距離や時間なら問題ないか聞くなど、信頼できるかかりつけ医に相談しておくことも大切です。旅行の直前に妊婦健診の予約をとっておくと安心ですね。

旅行先の病院をチェックしておく

病院 PIXTA

旅先では歩くことが多く、慣れない土地で疲れが出やすい状態です。自分の体力を過信せず、産婦人科のある病院をあらかじめメモしておくと安心です。

健康保険証・母子手帳を必ず持参する

母子手帳 PIXTA

旅行先で病院を受診することになった場合に健康保険証は必ず必要ですが、母子手帳は、妊娠の経過などを記した大事な記録なので健康保険証とともに持参するようにしましょう。

診察がスムーズに進み、現地の医師も正確な診断をすることができます。また、診察を受ける上で伝えなくてはならないことは必ず伝えるようにしましょう。

出典元:

妊娠中に気をつけたい旅行先

温泉 PIXTA

妊娠中の旅行では旅行先選びが重要です。せっかくの旅行でも妊娠中に不向きな場所を選んでしまうと楽しめずに終わってしまうこともあります。

飛行機を利用しての海外旅行や国内旅行は、長時間移動となりエコノミークラス症候群のリスクがあります。

各航空会社によれば、一般的には出産予定日の28日前までであれば医師の診断書も不要で搭乗できるので、医師に相談をした上で旅行の計画を立てるとよいでしょう。

飛行機に乗る際の注意点

産後は長距離の旅行が難しくなりますので、今のうちにパートナーや家族と旅行したいという方は、飛行機に乗って遠出してみてもよいですね。

ただし、安定期といっても無理は禁物です。下記の注意点を確認して、思い切り楽しみましょう。

航空会社に妊娠している旨を伝える

航空 PIXTA

航空会社にあらかじめ妊娠している旨を伝えておくと、会社によってはサービスを受けられることがあります。荷物の移動や座席指定、優先搭乗の案内など妊娠中には嬉しいサポート。

搭乗予定の航空会社にそういったサービスがないか、あらかじめホームページで確認しておくとスムーズでしょう。

海外旅行保険に加入する

海外旅行保険には妊婦用のプランもあります。例えばAIU海外旅行保険の場合、妊娠22週未満の方で31日以内の旅行期間の場合、追加保険料なしで保険金を支払ってもらえる対象になるものがあります。心強い味方になってくれそうですね。

出典元:

貴重な時間を大切に!マタ旅を楽しみましょう

旅行 妊婦 PIXTA

妊娠期間は長いようであっという間に過ぎてしまいます。出産までの時間をどう楽しむかは人それぞれですが、旅行も選択肢のひとつですね。

出産後しばらくは、旅行をする時間を取れない可能性もあります。医師に相談した上で念入りに準備すると、妊娠中まだお腹の中にいる我が子と一緒に旅行をするのもよい思い出になるでしょう。

「妊婦」「旅行」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!