これは胎児のしゃっくり?胎動の感じ方や位置は?

胎動も感じ始めた頃、いつもの胎動とは少し違った、ピクッピクッと一定の速さで痙攣するような感覚を覚えることがあるかと思います。「これって何だろう?」「赤ちゃんは大丈夫かな?」と気になるママもいるかと思いますが、大丈夫。それは胎児の「しゃっくり」です。胎児しゃっくりをする理由や胎動との違い、しゃっくりを感じる位置などについて詳しくお伝えします。

PIXTA

胎児もしゃっくりをする

しゃっくりは横隔膜の運動のひとつ。大人がしゃっくりをするように、お腹の中にいる赤ちゃんもしゃっくりをします。

胎児がしゃっくりをすると、お腹がピクピクと痙攣するように感じるかと思います。通常の胎動とは異なる上に、時には1日中しゃっくりをしているように感じることも。不安に思う妊婦さんもいるようですが、胎児が元気に動き回っている証ともいえます。妊婦健診で特に問題がなければ心配する必要はありません。

出典元:

胎児のしゃっくり、どんな感じだった?先輩ママの声

「胎児のしゃっくりって、どんなふうに感じるの?」「位置はお腹のどのあたり?」「しゃっくりの位置で逆子かどうかわかるの?」など、気になるポイントはいろいろとあるでしょう。

実際に経験した先輩ママたちの声に沿ってご紹介します。

しゃっくりってどんなふうに感じるの?

胎児 しゃっくり PIXTA

恥骨あたりで自分の心臓の鼓動ではない、
びくんっびくんっ
とするやつです!
ママリ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ
通常の胎動とは異なり、あまり強くはないですがリズミカルにピクッピクッとするのがしゃっくりです
ママリ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

しゃっくりは、キックしたりパンチするような胎動とは違い、定期的な規則正しい動きでリズムを刻むように「ピクッピクッ」「トクントクン」と感じる人が多いようです。

痙攣している様に感じるので、初めての時は「これって何だろう?」と思う方がほとんどでしょう。どうしたんだろう…と、不安に感じてしまいますが、しゃっくりと分かるとちょっと愛おしくも感じられますよね。

しゃっくりを感じる位置はどこ?

耳 PIXTA

うちの子もヘソ上でモニョモニョ動いてましたよー
でも逆子になった事はないようです☆
むしろヘソ下の胎動ってあまり記憶にないです^^;
ママリ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ
ピクッピクッと規則的にしてて
恥骨あたりやお尻の方で感じたりします!

特に私は仰向けになってる時に
あ、しゃっくりしてる!と分かります◟̆◞̆ ♪♪
ママリ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

一般に多く聞かれるのは、おへそのまわりや恥骨あたりというケースです。個人差があり、お尻のほうでしゃっくりを感じたという声も。

日によってしゃっくりを感じる位置が違うこともありますが、赤ちゃんは羊水の中でくるくる動き回っているので、常に胎動やしゃっくりを同じ場所で感じるというわけではないようです。

しゃっくりの位置で逆子かどうか分かるの?

エコー amana images

肛門やすごい下の方の時は、あたしは逆子ですよ~。逆子の時の方が長いです^^;
逆におへそあたりやその少し上だと、あ!直ってる~!ってなってます。
逆子でも、元気で生まれてくれたらそれでいいや!って思ってます
ママリ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ
私は最後の最後まで逆子が治らず、帝王切開での出産でした。
逆子だったのでちょうど胸の下あたりに触ると固い頭が常にありましたが、しゃっくりはお尻の穴のほうで感じてました。
胎動(キックされてる感じ)は35週くらいに下の方でハッキリ分かりました。
ママリ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

しゃっくりを感じる位置によって、胎児が逆子かそうでないかがわかるのではと気にしている方もいるでしょう。ただ、実際に胎児がどんな姿勢をしているかは、しゃっくりを感じる位置からは判断できません。

いたずらに不安に思う必要もありません。妊婦健診のエコー検査でかかりつけ医に確認してもらうようにしましょう。

しゃっくりは赤ちゃんが元気な証拠です

しゃっくり 子供 胎動 PIXTA

しゃっくりを感じられるのは、赤ちゃんが元気に育っているのが実感できるとても嬉しいことでしょう。

「あまりに回数が多くてちょっと辛い」という方もいるかもしれませんが、しゃっくりをママのお腹で感じられる期間なんてほんの数ヶ月。ゆったりと構えて、お腹の赤ちゃんとのコミュニケーションだと思って上手に付き合っていきましょうね。

「胎児」「しゃっくり」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧