ベビーポンチョで赤ちゃんを寒さや紫外線から守ろう!おすすめ商品10選

マントのようにふわりと羽織れるベビーポンチョ!赤ちゃんを寒さから守ってくれるだけでなく、春や夏には紫外線からも守ってくれる役割もあります。1枚あればかなり重宝するお役立ちアイテムなんですよ!今回は筆者の体験を基にベビーポンチョの利便性をはじめ、おすすめのベビーポンチョを10着選んでご紹介します。

PIXTA

ベビーポンチョって重宝するってホント?

ふわっと羽織れるポンチョは、赤ちゃんを寒さや紫外線から守ってくれるだけでなく、ベビーカーなどに乗った時のひざ掛けとして、またオムツ替えのシートとして使えたりと使い方は自由自在なんです。

実は、防寒の印象が強いベビーポンチョですが、素材さえ選べば春&夏でも使えるんです。春夏には紫外線から守るためのUVカットとして、秋冬には防寒対策として重宝するんですよ。

季節の変わり目には大活躍!

ベビー ポンチョ PIXTA

季節の変わり目は大人でも羽織り物に困るのに、体温調節が自分で出来ない赤ちゃんには、一体何を着させたら良いか迷いますよね・・。

そんな時、ポンチョが重宝するんですよ!薄い素材であれば、折りたたんでバッグにも入れることも出来ます。

また、きっちり袖を通すものではないので、1~2年着られるという点も重宝するポイント!

冬に赤ちゃんに着せたいアウターはコレ!おすすめアウターをご紹介♡

関連記事:

冬に赤ちゃんに着せたいアウターはコレ!おすすめアウターをご紹介♡

季節の変わり目のアウター選びは赤ちゃんにとっては非常に重要で、適したア…

出典元:

おすすめベビーポンチョ10選

UVカットのものから、防寒ポンチョまで10着を厳選してご紹介します。

1.ミキハウス お出かけポンチョ♪

ミキハウス(mikihouse)マリン&小花柄パイル素材ポンチョ

90%紫外線カットも入っているので、赤ちゃんを陽射しからしっかりと守れます。また、パイル生地で肌触りも優しく赤ちゃんの柔らかい肌も守ってくれます!

口コミ

親友の出産祝いに購入しました。 お散歩に行ける位が夏頃なのでUVカットのものが良いと思い探していたところ、マリン柄に一目惚れして即決でした!
親友も凄く喜んでくれて、数日後に写メが送られてきたのですが可愛かったです♪ 2歳頃まで使えるのも魅力的です! 出典: review.rakuten.co.jp

春夏におすすめなポンチョ!強い紫外線だけでなく、室内でのエアコンからの冷え対策としても持っていると便利なポンチョですよ♪

2.安心の日本製!ベビーポンチョ

今治産湯あがりベビーポンチョ(おくるみ)

安心の日本製ということがまず大きなポイント!表面がガーゼ生地、裏面がふんわりとしたパイル生地で汗などの水分をしっかりと吸収し、敏感な赤ちゃんの肌を守ります。

口コミ

新生児の動かない時期も、寝返りやハイハイ時期も、スナップボタンでサッと留められ、動き回りたい子にも、ボタンは1つなので自由も効くし、嫌がられませんでした。渇きも早く、私は大満足。 出典: review.rakuten.co.jp

お風呂上りのポンチョとしてはもちろんですが、かさ張らないのでバックに入れて冷房対策として持ち歩くことも出来ますよ☆

3.SOULEIADO(ソレイアード)紫外線カットベビーポンチョ

SOULEIADO(ソレイアード) UVカット ベビーマント

前あきタイプで、ボタンを1つ留めるだけなので、サッと脱ぎ着できます。両サイドのスナップボタンを留めれば腕を通すこともできます。UVカットのほか、接触冷感で触ったときにひんやりとした使用感、吸水性に優れ、毛玉ができにくいといった特徴!

口コミ

早速日差しも強くなってきたため、外に出るときに羽織ってます。さらっとした着心地で気持ち良さそうです☆デザインも可愛くてすごく気に入ってます! 出典: review.rakuten.co.jp

スナップボタンで簡単に脱ぎ着出来るだけでなく、接触冷感になったひんやりとした素材感も購入の決め手になりますよね!

春夏の羽織り物なら、これ1枚あれば問題なし!

4.ボーダー型ベビーポンチョ

gelato pique ジェラートピケ パウダートリムボーダーbabyポンチョ

淡いトーンの色使いが可愛いポンチョです。生地は吸水速乾性のあるものを使っていて、ふわふわと着心地もとてもよいものになっています。

胸にはロゴ刺繍でアクセントをプラス。 贈り物としてもおすすめの商品です。

5.新生児から使えるドットジャガードポンチョ

HAKKA BABY【ハッカベビー】ボアキャンディドットプリントフレアーマント

2色のドット柄を組み合わせて賑やかにデザインしたフレアマントです。 起毛感のある素材がもこもこしていて温かそうですね。

スナップボタンで着脱も簡単。ママにも嬉しいポンチョです。

6.もこもこボリューム♪ベビーポンチョ

プラチナムベイビー・ファーフリース ベビー ポンチョ

帽子を被ると、可愛いクマさんの耳付き。袖はボタンで留める2WAY仕様!裏地は手触りソフトなコットン100%です。

口コミ

とてもかわいいです。しかもふわふわの肌触りがとっても気持ちいい!優しいピンクがきれいだし。悩んだけど買って正解でした。抱っこヒモをしたまま羽織れるのも助かります。 出典: review.rakuten.co.jp

モコモコで可愛い見た目だけでなく、抱っこ紐をしたまま、そしてチャイルドシートに乗せる際にも着たままでもOK!というのが手軽で良いですよね。

7.Sweet girlのふんわり両面ボア丸襟ポンチョ

スイートガール■Sweet girl(スウィートガール)ふんわり両面ボア丸襟マント60cm-90cm■小花柄リボン衿付きボアマント/羽織/ニットキルトマント/防寒ジャケット/ジャンパー/コート/ポンチョ/フリース キルティング素材/女の子/ベビー服/キッズ服/出産祝い

肌触りの良いふわもこ両面ボアで、防寒性もバッチリ!フロント部分の大きなリボンデザインと、裾に付いたポンポンが可愛らしいデザイン!スナップ留めで袖も作れるので、着崩れせずに着られます。

口コミ

マントは、とっても便利ですよ。着せやすいです。孫にプレゼントしました。デザインもかわいいですし、おすすめです。 出典: akasugu.fcart.jp

女の子にとっても似合いそうなリボン&ポンポンデザイン!我が子にはもちろん、出産祝いやお孫さんへのプレゼントとしても、きっと喜ばれること間違いなし☆

8.BabyHopperのマルチプルベビーポンチョ

BabyHopper(ベビーホッパー)ウィンター マルチプル ベビー ポンチョブラック

裏地が暖かいフリース生地!さっと着せてスナップを留めるだけの保温性バッチリなベビーポンチョです。ベビーの首元までしっかりガードできるので、真冬の必須アイテム!

ポンチョ以外に授乳カバーとしても使えるマルチデザインなのもポイント。

おしゃれで便利な授乳ケープはこれ!選び方とおすすめ商品10選

関連記事:

おしゃれで便利な授乳ケープはこれ!選び方とおすすめ商品10選

授乳中のママの胸元を隠すために、とても重宝する授乳ケープ。授乳中の赤ち…

口コミ

プレゼントしたら喜んで貰えました。ポンチョにも、授乳ケープとしても色々使える。雨もはじくので、車から家に入る時などサッと使えるのもいい。 出典: akasugu.fcart.jp

ポンチョ、授乳カバーの使い方以外に、抱っこ紐の上からも付けられるマルチベビーポンチョ!これはプレゼントとして貰ったらとても嬉しいですね。

9.ノルディックひつじポンチョ

☆BOOFOOWOO(ブーフーウー)one deux boo(ワンドゥーブー)□ひつじポンチョ

インパクト抜群のノルディック柄ポンチョです。

フードにはひつじの顔がついていて、特徴的でかわいいですね。他とは被らない個性的なポンチョを着せたい!というママはぜひお子さんに着せてみてはいかがでしょうか?

10.BABY DOLLあったかボアフリース

あったかボアフリース♪ディズニー着ぐるみベビーポンチョ

ふわもこあったかボア素材!見た目も着心地もぬくぬくで可愛さMAXのディズニーポンチョです。耳付きフードの着ぐるみルックスで愛らしいシルエットです。

口コミ

さっそく届きましたが9ヶ月のむすめも着れました。(フードもぶかぶかせず丁度いいです)秋冬に重宝しそうです!ブランドロゴも勿論、生地もしっかりとしています! 出典: review.rakuten.co.jp

デザインに一目ぼれしちゃう可愛いポンチョですよね!手触りふわふわ&保温性バッチリなボア素材で、今の季節から真冬まで大活躍しそうなアウターです。

マルチに使えるベビーポンチョは即買いアイテム!

冬 PIXTA

いかがでしたか?

今は、ポンチョの素材さえ選べば、オールシーズン使えるお得なものがこんなにもあるんです!ポンチョで、赤ちゃんを寒さや紫外線から守るだけでなく、マルチにも使えますし、ふわっと羽織れるアウターなので1枚持っていても損はしないですよ。

ぜひお気に入りの1枚を見つけてみてくださいね。

今話題の記事

「ベビー」「ポンチョ」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧