1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. 子育て・育児に便利な情報・アプリ
  5. 寒い日の外遊び、親の防寒対策には〇〇を徹底的に使いこなして、寒さ知らずに

監修:佐藤りか

寒い日の外遊び、親の防寒対策には〇〇を徹底的に使いこなして、寒さ知らずに

どれだけ寒くても外で遊びたがる子どもはいると思います。元気いっぱい笑顔で走り回っている姿を見ると、親としては思う存分遊ばせてあげたいと思う反面、大人の体には寒さが堪えることも…。見守る親の防寒対策は必要不可欠。今回は、体を温めてくれる防寒ファッションや便利アイテムを紹介します。

PIXTA

おすすめ防寒ファッション

寒さをしのぐためには、服装やグッズでの工夫はマスト。たくさん重ね着をすることもよいですが、身動きがとりづらくなってしまうのも残念です。

そこで、サッと着用できる防寒ファッションをご紹介します。パパやママが風邪をひいてダウンしないよう、ぜひ取り入れてみてくださいね。

インナーダウン

寒い PIXTA

アウターの中に着る薄手のダウンです。袖ありと袖なし(ベストタイプ)が一般的です。出かけるときにサッと着ることができますし、コンパクトなので持ち運びや脱ぎ着にも便利なことがメリットです。アウターの内側に着用していれば温度調節もしやすそうですね。

スヌード・ネックウォーマー

マフラー PIXTA

首を温めるマフラーは、子どもと遊んでいる時に引っ掛かってしまう可能性があるので、ずれて落ちてこないスヌードやネックウォーマーがおすすめです。

裏起毛タイツ・レッグウォーマー

タイツ PIXTA

裏起毛のレギンスやタイツは室内でも履いている、という方もいると思います。外出時はさらにレッグウォーマーをプラスすれば、より防寒対策に。

ユニクロの暖パンなど、防寒に優れたボトムスも販売されていますが、手元にないという方は、タイツをはいたうえにボトムスをはくといった工夫もおすすめです。

ブーツ

ブーツ PIXTA

ブーツは足首を覆って広い範囲で足を寒さから守ってくれます。ロングブーツであればふくはぎまで温かく、ショートブーツでも中がボアや羊毛のムートンブーツなどであれば保温性が高まりそうです。

帽子

冬 PIXTA

帽子の着用もおすすめです。冬に被る帽子の定番といえば、ニット帽やベレー帽ですが、フライトキャップなら耳あてもついているので、より温めてくれることが期待できます。

寒さ対策になる便利アイテム

持っていれば外での寒さが全く変わってきそうな便利アイテムをご紹介します。いずれも用意さえしておけば、子どもが急に公園に行きたいと言ったときにも対応できるものばかりです。

カイロ

カイロ PIXTA

衣類に貼るタイプや靴の中に入れるタイプなど、さまざまな種類のカイロが売られていますので活用しましょう。ただし、貼るタイプのカイロは低温やけどをする可能性もありますので、使用上の注意をよく読み正しく利用してください。

出典元:

ブランケット

ブランケット PIXTA

ベンチなどで座って子どもを見守ることが多い場合は、ブランケットの使用がおすすめです。公園への行き帰りに、ベビーカーや自転車に子どもを乗せるのであれば、その際の子どもの防寒にも役立つでしょう。

温かい飲み物

飲み物 amana images

寒いときは温かい飲み物がほしくなります。温かい飲み物を飲むことで体の内側からポカポカになりますよね。保温性が高い水筒を用意しておき、温かいお茶などを入れて持っていくとよいでしょう。

子どもにもこまめな水分補給を忘れずに行ってくださいね。

子どもといっしょに思い切り遊ぶことも◎

鬼ごっこ PIXTA

防寒ファッションや便利アイテムをご紹介しました。まだしばらく続く寒い季節、温かくして乗り越えてくださいね。

じっと待つよりも、子どもといっしょに走ったり思い切り遊んだりすることもおすすめです。親子で楽しい時間を過ごしてくださいね。

記事の監修

株式会社子育て研究所 代表取締役

佐藤りか

株式会社子育て研究所代表、教育コンサルタント。
ベネッセコーポレーションなど教育業界で長年勤務。幼児教育から高等教育まで幅広く知見を深める。その後、株式会社子育て研究所代表取締役に就任。子どもとママ向けのアットホームなサイト「アフェクション」、編集業「ものかき」などの運営を手掛け、自身の執筆・監修や講和も多数。各種ビジネスコンテストで大賞や優秀賞の受賞歴がある。その他、東京都主催「TOKYO STARTUP GATEWAY」にてメンター&講師を務める。プライベートでは2児ママとして仕事と家庭の両立を強く意識して活動中。

おすすめ記事

「防寒」「公園」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧