1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 新生児・乳児育児の基礎知識
  4. 赤ちゃん育児の体験談
  5. まだまだ寒い今の時期、子どもを連れて散歩や外遊びへ行く?それとも家にいる?

まだまだ寒い今の時期、子どもを連れて散歩や外遊びへ行く?それとも家にいる?

1月になりましたが、まだまだ凍えるような寒い日が続きますね。日によっては体が芯まで冷える日もあり、できるなら極力暖かい室内で過ごしたいものです。しかし、子どものために散歩をさせたり外で遊ばせたりした方がよいのでは?と迷うことはありませんか。子どもから「外で遊びたい」と言われると、断りづらい場合も。今回は、寒い日も子どもを外へ散歩に連れて行くか、外遊びをするかについて、先輩ママたちが実際にどうしているのかを聞いてみました。

PIXTA

寒い日でも子どもと出かけた方がよい?

子育て中は、子どもと近所の公園で遊んだり、自宅周辺の散歩をしたりなど積極的に外へ出ているママもいると思います。しかし今の時期は毎日寒く、外に出たくないと思うこともあるのではないでしょうか。

感染症が流行している場合、かかってしまわないかという心配もありますよね。できることなら暖かい室内でゆっくり過ごしたいもの。

ママリにも以下のような投稿がありました。

みなさんは、天気が良くて超寒い日どう過ごしてますか?(笑)

公園に行くか行かないか…毎日悩みます(笑)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

寒くても、外へ出た方が子どもはめいっぱい体を動かせますよね。家にいるだけではつまらないと感じ、外へ出たがることもあるかと思います。それでも外の寒さには勝てないこともあり、できれば室内に居たい気持ちもありますよね。

筆者の場合、寒い時期は買い物などのついでに外へ行くことが多く、散歩や公園で遊ぶためだけに外へ行くことはごくまれでした。近所にある義実家へ行ったり、ショッピングモールに併設されている子ども用のプレイルームで遊ばせたりしていました。

先輩ママはどうしてる?寒い日の過ごし方6選

寒くても子どもを連れて外へ出た方がよいのか、室内でじょうずに過ごす方法があるのかなど、悩んでしまいますよね。

ママリの先輩ママたちはどうしているのかを聞いてみたところ、さまざまな方法を取り入れていることがわかりました。

1. 寒くても外へ行く

冬 子供 公園 PIXTA

わたしは家だと子どもの元気に付き合いきれないので(笑)
日が出てれば寒くても行きます!
超寒いのレベルがどの程度か分かりませんが😂一応今日の外気温は8℃だったみたいですが、午前中公園で1時間ちょっと元気に遊んできました🙌✨
こっちは変質者か!?てくらい防寒して行きました(笑)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
寒いけど行きます。
行かないとうるさいので。
で、冬の公園は寒い!遊具が冷たい!と自分で学習してもらいます。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

子どもの「外で遊びたい」という欲求に応え、寒くても外へ行くママたちの声です。家にいるとぐすってしまい手に負えない、子どもとどのように遊んでよいのか分からないなどといった理由から外へ行って遊ばせているとのことでした。

外へ出れば公園の遊具で遊べたり、道ばたに生えている草花と触れ合えたりと家の中では味わえない楽しさを感じることができると思います。外でのちょっとした刺激が、子どもにとってはよい影響を受けることも。

外にいても耐えられるよう、親子ともに防寒を徹底していくことが必須ですね。

2. 短い時間で済ませる

冬 子供 PIXTA

私も悩みますが…。
体調も見て、少しの時間なら公園で遊ばせています(日が当たるところで)風がある日は家で遊びます。
それか、家の回りを散歩するだけでも気分転換になるようです(本人が)

乾燥もしてるし、風邪を引いてもかわいそうですが、家にずっといるのもかわいそうですよね。悩む毎日ですが、外に出て体を少しは寒いのに慣れて欲しかったり、強くなって欲しかったり。日にも当てないと元気もでないですよね。
頑張りましょうね。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
寒い日は日中暖かい格好をさせて短時間だけ出ます☺️自分も少し外の空気を吸うだけでリフレッシュ出来るので1日10分でも出るようにしてます😃
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

外へは行くけれど、短い時間で済ませているママの声です。いつもならば長時間出ていられるけれど、寒い時期は耐えられないこともありますよね。

少しの時間であれば、子どもも外で行けることに満足でき、ママ自身も寒さに耐え続けなくてよいかもしれません。日の当たる時間に合わせて行ったり、家の庭で遊ばせたりすると短い時間で済ませられますよ。

3. 外へは行かない、家の中で過ごす

冬 子供 室内 PIXTA

家のなかで遊んでます(*>∀<*)
今は、ボウリングがマイブームなのでリビングでボウリングのピン並べて遊んだりプラレールしたりしてますよー
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
買い物以外家で遊んでますよー
DVD見たり、おもちゃで遊んだり、絵本見たり好きな事してます😄🌠
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

冬の寒さには勝てないため、外へは行かずに家の中で過ごすという声もありました。家の中であれば暖かく、感染症を気にすることもないため、安心はできますね。

家で過ごすと答えたママのほとんどは、主に子どもとおもちゃで遊んだり、テレビを見たりなどして過ごしているそうです。夢中になれるおもちゃなどがあれば、自然と時間が過ぎてくれますよね。

4. 支援センターや児童館へ行く

支援センター PIXTA

歩き始めてから、公園の他に児童館、幼稚園や保育園の開放、公民館の子育てイベントなどあちこち行ってます。
寒いので私のトイレ近くなり、トイレすぐ行けるところに行ってます😅

家の中でもいいと思いますよ!家の中でしかできないこともありますし。
家の中でぐずらずいられるなら冬は家の中でぬくぬくしてるのが1番です🤣
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
急に寒くなりましたよね⛄️

今は保育園に行っているんですが、行ってなかった冬の時期は図書館や児童センターに行ってました😊
でも、寒さに負けて家で過ごすことも多かったです(^ ^)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

外へ出かけるパターンでも、支援センターや児童館、図書館など室内で過ごせる公共施設へ行くという手もあります。上のコメントをしたママと同じく、筆者も息子が保育園へ通う前は市内の支援センターや児童館へ通っていました。

同世代の子どもたちと遊べたり、施設の方へ育児に関する相談ができたりするのがよいところ。感染症を気にして行かないという声もありますが、開館して間もない時間帯で行けば人も少なく遊びやすいのではないかと思います。

外へ行かせたいけれど、公園は行くのはちょっと…という方は、公共施設を利用してみるのも一つの方法です。

5. 商業施設へ行く

ショッピングモール PIXTA

うちもDVDです
あとはショッピングモールでプラプラ
無料のおもちゃがたくさんあるところと西松屋は最近
おもちゃで遊んでるからママおようふく見てきてと言ってくれるので😅お言葉に甘えています(笑)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ショッピングモールなどの商業施設へ行くという声もありました。室内で暖かく過ごせるうえ、食事や買い物ができるのが便利ですよね。

商業施設の中には、子どもが遊べるキッズルームを併設している場所もあります。そこでたっぷり遊ばせれば、子どもも満足できるのではないかと思います。

休日は人で混雑する可能性があるため、比較的空いている平日に行く方がゆったりと過ごせるでしょう。

6. 買い物や用事を散歩がわりに

買い物 子供 PIXTA

買い物などでお散歩の代わりにしようと思ってます(o^^o)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
私も、買い物で散歩のかわりにしようかなって思ってます(^^)
晴れてる日は少しの散歩はしてあげようと思いますが…まだ歩かない赤ちゃんですしね( ´艸`)買い物でも気分転換になりますよね(∩´∀`∩)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

散歩のためだけに外へ出るのはおっくうだなと思う場合、買い物や用事を理由にするのはいかがでしょうか。買い物や用事のために外へ行けば散歩の代わりになりますし、ママ自身もやることが済ませられますよ。

買い物や用事で行く際は、持ち歩けるおもちゃやお菓子などを用意すれば飽きずにいてくれそうですね。

自分に合った方法で、寒い日の過ごし方を見つけよう

散歩 冬 PIXTA

寒さが身に染みるこの時期、できれば室内に居たいけれど、子どものことを考えると外へ行った方がよいのかと迷う方もいることでしょう。今回紹介した寒い日の過ごし方は、外への散歩や公園だけではなく、公共施設や商業施設など室内で過ごす方法もあります。

外へ行く場合、天候や外出先のようすを確認し、防寒を万全にして出かけるとよいでしょう。一方、家にいる場合は子どもが飽きない工夫をするのがおすすめです。

あと数か月もたてば、暖かい季節がやってきます。それまでの辛抱と考え、自分にとってベストな方法を選択しながらこの時期の乗り切り方を選んでみてくださいね。

おすすめ記事

「子ども」「散歩」「寒い」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧