絵本「がまくんとかえるくん」!2人の熱い友情を皆様にお届けします!

子供が保育園から小学校低学年にかけて、さんざん読み聞かせをしたのが「がまくんとかえるくん」でした。2年生の教科書にも載っていますので、小学校の図書ボランティアでは読書週間に劇や読み聞かせを学校で披露。声の担当やガマ君役で走ったりなど思い出はたっぷりの私。実体験に基づき、2人の熱い友情を届けます。

PIXTA

私の思い出「がまくんとかえるくん」

子供たちが保育園から小学校低学年に掛けて、子供たちにたくさん読まれる絵本です。今回は、この「がまくんとかえるくん」シリーズをご紹介します。

自分の子供のみならず、小学校の図書ボランティアでは、このお話のペープサート劇にも参加した私。がまくんの人形操作や声など、やらせて頂きました。今でも良い思い出です。

がまくんとかえるくんシリーズのおすすめ絵本も紹介しますよ!是非ご覧下さいね!

作者:アーノルド・ノーベル

図書館 PIXTA

作者はアーノルド・ノーベル。(1933~1987)アメリカ生まれで、高校を卒業後、本のイラストレーションを学んで、アニタ・ローベルという女性と出会い結婚。

2人で絵本を書き初めます。彼が文章、彼女が絵を担当して、どれも動物が主人公の短く読みやすい話が中心ですが、その奇想天外な展開は当時の子供達を釘漬けにしたほど!

読んだ後は、心の中にほのぼのとした気持ちを与えてくれます。

「ふたりはともだち」「ふたりはいっしょ」を始めとする代表作は、数々の賞も受賞しています。

お話の内容

仲良しのがまくんとかえるくんが主人公のお話。友情をテーマにしたユーモアいっぱいの2人の日常が描かれています。読み聞かせに最適!小学校の教科書にも採用されています。

それでは、このお話の主人公がまくん、かえるくんを紹介します。ふたりは親友同士。それぞれ、性格がちがいますが、仲良しです。この二人のやりとりが面白いのです。まるで、ぼけと突っ込みの漫才みたいで・・。

ぼけは、がまくん、突っ込みはかえるくんです。どうしてかというと性格の違いです。それでは、一人ずつ、ちょっと詳しく紹介します。

がまくん

図書館 PIXTA

ボケ役だけあって、ちょっととぼけた男の子。また、ナイーブで心配性。すぐにいじけるところもあり、かえるくんが慰めてくれることもしばしば。様々なお話でこのキャラクターが活かされています。

かえるくん

真面目で明るく優しい優等生的な男の子。がまくんにとってはお兄さん的存在でもあり、いじけやすい親友のがまくんを常に心配しています。でも、なかなかユーモラスなところがあり、真面目さのとマッチングが面白く笑わせてくれます。

出典元:

「がまくんとかえるくん」シリーズ私のお薦め5選!

それでは、私のお薦めのお話を5話ご紹介します!お外遊びがままならない寒い日など、お子様と楽しんで下さい。読み聞かせにお薦め!読後は、身も心もほっこりしますよ!

1.「ふたりはきょうも」♡あしたするよ

ふたりはきょうも

私がおすすめなのは、この「ふたりはきょうも」の絵本の中で描かれているお話「あしたにするよ」

めんどくさがり屋のがまくん。かたづけや掃除を「何もかも明日する。」と言って寝てしまいます。心配したかえるくんが一言!「今やったら、明日しなくていいんだよ。」この言葉を聞いてがまくんは…。

どこかにいる誰かさんのようながまくん。こんな子、いますよね!しつけに最適な内容です。ママが「お片付け!」と叱るより説得力大かも!

2.「ふたりはきょうも」♡たこ

ふたりはきょうも [ アーノルド・ローベル ]

「ふたりはきょうも」の中のお話。私にとって、思い出深いものです。というのも、がまくん役で走りましたので…。何年も前ですが。

凧揚げをするがまくんとかえるくんですが、風がたりなくて凧が揚がりません。小鳥たちに冷やかされ、あきらめようとするがまくんにかえるくんがアドバイス。

それに従い走ったり、ジャンプしたりするがまくんですが、たこは揚がらず、小鳥たちはますます冷やかします。再びあきらめるがまくんにかえるくんが言った言葉は…。

信じること、あきらめないことを教えてくれる心温まる友情のお話です。

3.「ふたりはいつも」♡ そりすべり

ふたりはいつも [ アーノルド・ローベル ]

「ふたりはいつも」の中のお話。冬にぴったりです。

雪の朝、外に出たがらないがまくんを連れ出すかえるくん。がまくんにそりすべりをさせたいのです。後ろに自分がいるからと安心させ、がまくんをそりに乗せるかえるくん。でも、実はがまくんは一人で滑っていたのです・・。

子供に補助輪なしの自転車を練習させるようなお話。かえるくんの優しさが発揮されます。また、冬の美しい風景が目に見えるようで、そりすべりの様子もリズミカル。子供達がわくわくして聞いてくれるでしょう。

4.「ふたりはいっしょ」♡ クッキー

ふたりはいっしょ

このお話も私の思い出。また、がまくん役をやりました。「ふたりはいっしょ」の中のお話。

おいしいクッキーを焼いたがまくん。かえるくんと一緒に何枚もほおばってしまいます。これでは止まらなくなってしまいそうだと感じた2人は食べられなくなるような様々な工夫を考え、ついにクッキーは鳥たちにあげることに。そして、かえるくんの名言「いしりょく」が出てきますが、がまくんは・・・。

ふたりのやり取りが可笑しくて笑ってしまいます。まさに漫才!子供たちにうけること間違いなしです!

5.「ふたりはともだち」♡なくしたボタン

ふたりはともだち

「ふたりはともだち」の中のお話。

がまくんが上着のボタンをなくしてしまい、かえるくんが協力して探しいくつか拾いますが、どれも違います。しかし、家に帰ったらボタンがありました。かえるくんに申し訳なく思ったがまくんがプレゼントしたものは・・・。

友情をユーモラスに描いた作品。お互いを思う様子がいじらしく、心に響きます。また、がまくんのプレゼントは笑えますが、ほろっとします。

人と人とのつながり

図書館 PIXTA

友情がテーマのがまくんとかえるくん。小さいうちから、味わってほしい作品です。

一人でいられるのも大切ですが、人とのつながりは、もっと大切です。人は一人で生きることはできないのですから…。

小さいうちから、人のぬくもりを感じさせてあげたいですね。その導入として、「がまくんとかえるくん」シリーズはぴったりです。友達って素敵だよというふたりのメッセージを子供たちに伝えてあげてください!

今話題の記事

「絵本」「がまくんとかえるくん」「子供」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧